小岩井のんびり生活

小岩井農場の傍でDIYや庭作り、その他の日常生活を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「食べるオリーブオイル」を作ってみる

一頃前に、「食べるラー油」や「食べる糀」とかが流行りました。
…が、未だに食べたことはありません(笑)

そんな流行りものに無縁な我が家でしたが、最近「食べるオリーブオイル」という小さな瓶詰めをいただく機会がありました。





どれどれ…と、恐る恐るパンに少しつけて食べてみたところ……

美味い!


しかし、上手いものはあっという間に胃袋の中に収まりなくなってしまいました
小瓶ですから、尚更です。
それに量の割りにちょっと高め。
(約500円くらい?)



……。

そこで、奥さんは考えました。
自分で作ろう。

と。

いきなりですが、材料は以下の通り。

オリーブオイル
たまねぎ
ブラックオリーブ
アーモンド
ソテーオニオン
ナチュラルチーズ
バジル
小麦粉少々
塩と黒胡椒少々
水あめ少々
チキンコンソメ
アンチョビソース


です。

レシピは関与してないので分かりません(笑)
15~20分くらいで完成です。





これを少しパンにつけて味見すると、




激ウマお手製「食べるオリーブオイル」の完成です。しかも瓶詰め3つ分!


密かに朝食がパン派へと傾きつつある我が家ですが、無添加でカラダに優しい食事内容です。

このソースはパンだけでなく、パスタやピザにも抜群に合いますね。
関心ある方は是非



 
 
スポンサーサイト
2015/02/27(金) 18:07:02 トラックバック:0 コメント:0

トラクターの進化、デザインの力

トラクター。

それは『農』の分野において、常に必要とされる乗り物です。




耕す、運ぶ、…
多岐に渡る仕事内容。

フルオープンな運転席からの見渡しはどこまでも遠く、そして自然との一体感はこの上ないマウントポジション。


ちょっと田舎に行けば、普通に田畑で見られるだけでなく、時にはそのグリップの効きそうな大径タイヤから大量の泥をアスファルトに落としながら公道を闊歩するダイナミックさ。

その後ろには追い越そうか越すまいか、金魚の糞の如く列を成す乗用車たち。




洗練されたイメージとは異なる感の否めない乗り物の代表格です。


そんなトラクターですが、ここ最近のトラクターはエキセントリックな進化を遂げていることを知る人は少ないのではないだろうか…?




それがこれである。




トラクター?

そうです、トラクターです。
丸目の可愛らしいノスタルジックな雰囲気を脱ぎ捨て、まるで首都高の右側車線を走り続けそうなそのデザイン。




これも、同じ仕事をする乗り物です。

ディズニーアニメの「ウォーリー」を彷彿とさせる、丸目の可愛いやつ。
アナログ感たっぷり漂ってます。



これはこれで、たまらなく好きなデザインです。
無機質な機械に温かみを持たせた、どこか生き物のような見た目。

従来のトラクターにも同じような感情を持ってしまいます(笑)





ヤンマーという天気予報でお馴染みのメーカーから出てきた新型のトラクターは、デザインを手掛けたのはフェラーリ等の高級車ならびに秋田新幹線スーパーこまちのデザインも手掛けた一人の日本人の手によるものです。

「トラクター」という固定概念を覆すデザインは実に秀逸だと思います。



農業離れの著しい現代(の若者)と言われますが、こんなトラクターだったら…
田畑だけにとどまるのは勿体無い、、
そんな思いも持ちそうな気がします。


デザインの持つ力。
こういう分野でも大活躍ですね。

おそらく、一生乗ることはなさそうですが…




 
 
2015/02/22(日) 00:14:30 乗りもの トラックバック:0 コメント:2

バリスタ

ヘビーという程でもなく、そこそこですがコーヒーが好きな我が家。

休日の朝は、豆をひいてドリップコーヒーを一杯



今までは、そんな洒落たことをしてましたが、ついに我が家にも「バリスタ」がやって来ました。




この機械の凄いところは、普通のインスタントコーヒーを極限までインスタントっぽくしないこと。
お金を払って飲むコーヒーのような味になります。


…とは言っても違いの分からない人間です。

コッコッコッコッ…プシュ~

という音と蒸気のビジュアルで、あたかも美味しそうに感じているだけ?



いや。
やはり違いましたね。

同じネ○カフェの普通のインスタントコーヒーをお湯で溶かしたモノとは、明らかに違います(笑)





新規で使用する前にいくつかの準備があったんですが、最中に奥さんが給水タンクの水をこぼすハプニング等々…色々ありまして、通常よりも時間がかかりましたが最終的には美味しくいただきました。


そして、コーヒーの写真を残すでもなく…
せっかく、エスプレッソ用のカップも買ったのに…

撮り忘れてました



よくまあ、こんな内容で更新しやがるなあと我ながら思います。





追記: コーヒー写真追加します。




 
 
2015/02/20(金) 23:23:18 トラックバック:0 コメント:0

盛岡雪あかり

今年で11年目の「盛岡雪あかり」に、はじめて行ってみました

ここ最近、よく耳にする雪あかり。
字の通り雪のキャンドルで灯りを楽しむイベントのようです。




場所は盛岡城跡公園(旧:岩手公園)がメイン会場で、市内のあちこちでキャンドルが灯ってました。
今年の開催日時は2月12~14日。

金曜の夜に行って来たんですけど大寒波の影響もあってか、混雑とまではいかない賑わい。






普段はなかなか薪ストーブ以外の火をみることがないので、新鮮な感じでした。


キャンドル以外にも色んな雪像がキャンドルのステージとして設営されています。



トトロ



ネコバス



オラフ




なんだか、我が家の庭先でも見たことがあるメンツばかりです(笑)

雪像といえば…
定番なんでしょうね。


変わりネタとして、進撃の大きい人も。





開催期間が短い分、そして形ある雪像の薄命さがまたいいんですね。
氷点下の中、マジマジと灯りやら雪像を凝視する雪乃でした。



おそらく記憶には残らないでしょう(笑)
でもこういった形で記録に残るので、後々振り返ってみた時に愉しめるかなと思います。






 
 
2015/02/14(土) 06:24:26 おでかけ トラックバック:0 コメント:0

あそび

なかなかゆっくりとしたペースで成長しております雪乃さん。




この頃になると、立って歩くコ、走るコ、歯が生え揃ったコ、話はじめるコ…

成長にも個人差がでますね。





「あそび」も色んな環境下で様々なあそび方を学んでいくんでしょうけど、雪乃の好きなあそびは、大判の布(タオルなど。メッシュだと尚望ましい。)を被ってのいないいないばあです。







日々成長しているのを実感する毎日です。




 
 
2015/02/13(金) 13:27:11 トラックバック:0 コメント:0

しばらくぶりのワカサギ

まる1年以上、海釣り及びワカサギ釣りに行けてませんでした
家族が増えたこともあり、月齢からして釣りというレジャーからは遠ざかった日々を送っております。
密かに春以降に久しぶりに海釣りに行きたいなぁ…と妄想にふけってますが、まだ早いかも知れません。


そんな中、職場の同僚たちとワカサギ釣りに行こう!という話が前から浮上してました。
特に名古屋から単身赴任中の1名は、まだ見ぬワカサギ釣りに興味津々なのであります。

せっかく行くなら、ガンガン釣れた方が面白いでしょう




という訳で、岩手ではメジャーな岩洞湖の氷上ワカサギ釣り…ではなく、最近ふつふつとメジャーになってきた岩手町の大志田ダムへ。
約2週間という期間限定の釣り場で、解禁日の翌日にトライです!

昨年は行ってないので2年ぶりの挑戦でした。




盛岡からは車で約70分。
うっすらと夜が明ける頃に到着です。

この時の外気温は−20℃…
露出している皮膚が、寒さを痛みと感じてしまう温度です




6:30の解禁時刻と同時にポイントにダッシュして場所取りしてテントを設営します
分厚い氷に穴を開ける作業で寒さも忘れてしまうくらい体も温まります。








入れ食いとは正にこのことです。
針を落とす度、いや、その途中でさえもピクンピクン反応があります!
一切休む間もなし。
まるで鰹の一本釣り漁師の如く。
ワカサギを氷上に上げる作業を繰り返す…



気がつけば、、





型は小ぶりながらもかつてない程の大量釣果です。
帰宅後に数えたら、530匹でした

レコード更新しました。
上手い人なら1000匹はいくでしょうね。



なかなか名古屋では経験できない氷上ワカサギ釣りを堪能していただけました。
現地では数えてませんが、おそらく200匹以上はいってたと思います。

岩手の良き思い出のひとつになったのですはないでしょうか。







帰宅してから、ミニサイズのワカサギは亀の藤田五郎氏に献上しました。


隠れて食べてるので分かりにくいですが…。



 
 
2015/02/05(木) 22:10:33 釣り トラックバック:0 コメント:0

体力づくり

秋口から風邪をこじらせて長引いたり、先日はノロウイルスに感染したり…

運動不足だと実感しております(笑)

なかなか休みもまともに取れず、適度な運動ができないまま日々が刻々と過ぎて行く…


ウインタースポーツでいい汗を流したいところですが、せっかくね休日は一家で過ごしたいですからね
もう少し雪乃が成長したら、雪遊びに精を出すことになるでしょう



とある日。
近くの雫石町にあります『県営温水プール』に単独で行って来ました(笑)
今回はプールではなくて、同施設にあるトレーニングルームです。




こういうの、10代の頃ガムシャラに夢中でやったもんです。
ハイパーベンチ何キロ!とか。
同僚でも、ジムに通う人が結構いますが、話を聞くと会費の分は行けてない…って意見が圧倒的に多いです(個人調べ)

だいたい月に5000円くらいするんでしょうか?
ちなみに雫石町のトレーニングルームは、一回使用料が150円という安さです。
さすがにジムみたいに夜はやってません。日中だけです。たまに行くような自分にとってはこの方が都合が良かったりします。




準備運動を念入りに行なって、ケガの防止につとめます
この日は、ルームランナーが常に埋まってたのでひたすら加圧器で汗を流しました。

でも、薪割りしてた方がいい汗かきます



雪乃も自宅で負けじとボールエクササイズ。





運動不足解消の空白期を埋めた1日でした。
たまにはいいもんです。




 
 

2015/02/04(水) 13:35:25 日常 トラックバック:0 コメント:2

ノロウイルスの脅威

実に久しぶりの更新となります。

仕事が非常に忙しくて、それはそれでありがたいことなんですけど…
疲れがドッと溜まりまして。

なかなかBlogに向かう時間すらなく日々が過ぎて行くのでした


テレビをつけては、末恐ろしい世界情勢のことばかりです。平和ボケな日本人してられるのもいつまでなんだろう…と考えたりもします。

これからは、迂闊に海外旅行なんて行けない時代になってしまうんでしょうか?
渡航先を選べば良いなんて安易なようでもなさそうな気もします。

暑い季節はエボラ出血熱…
かと思えば、どこかの狂信的な集団の存在…
国内だってデング熱とか騒いでましたからね。気狂いな事件も多いような気もします。



スケールはグッと小さい話になりますが、国内、いや、岩手、いや、小岩井地方に大人しくしていてもその脅威は音もなくやって来ました



ノロウイルスです。


無差別に嘔吐や下痢、頭痛などを引き起こす小さなテ○リスト…
決して目にも見えないこの小さなウイルスに、我が家は一時殲滅されました。
はじめの感染者は雪乃でした。
どこから貰ってきたんでしょう?
吐物を介して自分たちも順次発症しました。


あり得ないくらいの悪寒を繰り返すけど上がらない熱で、お風呂に浸かってても感じる寒さ。
体から水分だけがこれでもかってくらい抜けて行く…
何も口にできず、倦怠感と頭痛と吐き気と悪寒に襲われる一家。症状を口に出来ない雪乃は特にかわいそうでしたが、自分と奥さんよりは比較的軽症のようでした。



さて、このノロウイルス。

単純に大きさだけを比較すると、人間:地球=ノロウイルス:人間くらいのサイズ感みたいです。
ものすごい大きさの違いです。

ノロウイルスは10個くらいでも人間1人を感染させてしまうくらいの力を持っているのだとか…
人間10人で地球を制圧できるかと考えると、その爆発的な力には恐れ入ります。

各惑星を制圧するために送りこまれるサイヤ人のようです。



かく言う我が家も、大小三つの惑星が制圧されてしまったわけです(笑)





寝込むこと2日。

体内のレジスタンスが活躍してくれたおかげで、惑星はもとの星に戻ったのでした。




ノロウイルスで大変な目にあうくらい、まだまだ可愛い方です。





 
 
2015/02/02(月) 07:28:49 日常 トラックバック:0 コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。