小岩井のんびり生活

小岩井農場の傍でDIYや庭作り、その他の日常生活を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

200000km

平成10年式の我が家の車、テラノ。

ついに走行距離が200000kmになりました




ディーゼル車なので、燃料は軽油です。
ドンドン上がるガソリン代…

そんな中でも辛うじて少し安めの軽油なので助かってますが…



そもそもディーゼル車は、エンジンが丈夫なようです(^-^)/
200000km走ったとはいえ、まだまだエンジンそのものはいけそうです。
でもエンジン以外のパーツが、相当ガタがきています

あと、この頃の日産車は車体の某錆がイマイチらしいです。
我が家のテラノも例外ではなく、あちこちに錆が浮き出始めています。エンジンよりも、ボディの錆が致命傷になり兼ねません…。



そろそろ買い替えも視野に入れないとなぁ…と、悩みの種が。


切り替え4WDがどんな道でも選ばず走ることができるSUV。なかなか最近の車種だとないんですよね。
フルタイム4WDか、いざという時に切り替わる4WDがメインのようです。

雪国なので、絶対的に安心感を求めます。
盛岡の冬の道路は、黒光りしたアイスバーンですから(笑)
それに仕事で真夜中も沿岸間の峠を超えます。


でもテラノの無骨さは、なかなか他にはないものです(^_^;)
本音は、もう少し現役でいきたいところです。




 
  ポチッ
スポンサーサイト
2014/09/21(日) 00:09:10 乗りもの トラックバック:0 コメント:3

ガード

雪乃の匍匐前進が様になってきました。
著明なスピードアップです。

あわやハイハイ。


部屋中を右往左往するようになってからというもの、危険なものばかりです



特に危険なものといえば薪ストーブです。
大事故になりかねません


ガードの自作も考えてましたが、何しろ時間が足りません…

なので、結局ネットで購入しました。




北欧製品みたいです。
薪ストーブ屋よりも、格安で売ってました。
1万円くらい安く売ってました。
直販店も商売上がったりですね…





あとは、危険な場所は階段の上下。
転がり落ちても大事故です。




二階のホールから行かれないように、ガードです。

…でも高さがあるから、いつか大人が足を引っ掛けて転ぶことでしょう(笑)

簡易式なので、開閉できません
だから、多分転びます(笑)




キッチンへの出入口もガード。
包丁とかの刃物があるので、やはり危険です


少しずつ、自分たちの行動範囲が狭められていく感じは否めませんが、雪乃の安全のためです。







 
  ポチッ
2014/09/18(木) 17:26:15 トラックバック:0 コメント:4

コンポストの屋根

コンポストの作成途中です。

ただ庭の奥に放置してました
生ゴミの処理も考えているので、カラス対策には屋根が必要です。

転がっている廃材で屋根をかけました。



勾配つけて雨雪対策。




屋根をかけるまではこんな感じでした。





一応、開閉式の屋根です。

開閉しやすいように取手も廃材で設えたいところです。

素材自体が防腐処理済みのSPF材ですが、耐久性を高めるために浸透式の塗装を仕上げに考えています。


ただ問題なのは、コンポストまでの距離です…
約10m
(´Д` )

道も整備せねばなりません

じゃないと使いにくいです。
遠くて。



 
  ポチッ
2014/09/12(金) 08:39:05 コンポスト トラックバック:0 コメント:0

石貼り

秋晴れの休日。
休みの日に、久しぶりに晴れました

今までのうっぷんを晴らすべく、外で汗を流しDIY。

今回の作業は、玄関隣の立水栓の周辺。
新築当時から砂利敷きのままでした。
(ビフォーの写真なし)

雑草も生えてくるし、第一に見栄えが悪いからいつかは何とかしたいなぁと思っていた場所です。




いきなり作業途中の写真ですが、排水溝だけだとちょっとさみしいので、周りを石貼りにすることにしました。

あちこちから、コツコツと拾ってきた平たい石。

かっこいい乱石とかはホームセンターに売ってますが、お金はかけません




大小様々なサイズの石を集めました。

さて、ここからはやったことのない石貼り作業です。
目地はY字にするのが基本らしいので、そこは注意して配置していきます。



周りを深く掘り下げて砕石をまいて突き固めます。これはどんな作業にも共通している工程です。



バサモルを厚く敷いて、ゴムハンマーで叩いて平らにならしていきます。

目地にトロトロのモルタルを流し込んで、ある程度乾いたらタワシを使って洗い出ししました。





そしたら、温泉の足場みたいになりました(笑)
乾いている時は分からなかった石の色が浮きあがりました。

趣きがあります。


今回は石をきらしたので終了

思ってたより上手くできたので、もっと石貼りエリアを拡張していきたいと思います。




 
  ポチッ
2014/09/11(木) 19:13:29 石畳 トラックバック:0 コメント:0

ただただ毎日が慌ただしく過ぎていきます(笑)
仕事漬けです。
楽しいから苦ではないのが、せめてもの救いです。


これといったネタもなく。


今朝、通勤中に長い信号待ちをしていたところ隣車線に現れた牛たち。



これから何処に行くんでしょう…

と、少し気になったのでした。



終わり




 
  ポチッ
2014/09/09(火) 13:06:25 その他 トラックバック:0 コメント:0

ひょうたん島

仕事で岩手県の沿岸に行くこともしばしば。

岩手県は広い
北海道に次ぐ面積を有する県です…
四国の四県を足したのと同じくらいらしいです。


でも、ヒトが住めるのは内陸部の縦に伸びた北上川沿いのラインと、ぐねぐねしたリアス式海岸沿いのラインくらい(苦笑)

岩手県は、人口よりも熊の方が多いと揶揄されます(失笑)



毎日忙しく働けるのは、喜ばしいことです。
先日、沿岸の大鎚~山田町に行きました。
仕事で。

釜石には月に2~3回行きますが、その上は久しぶりでした。


ここらへん一帯は、まだまだ被災の傷あとが深く残るところです。

やっと高台移転するための造成があちこちで進められています。



ふと海沿いの国道45号線を走っていると、湾の向こうにとある島が見えました。




ひょうたん島です。

この島はその名のとおりひょうたんの形をしておりNHKの人形劇『ひょっこりひょうたん島』の「ひょうたん島」のモデルとなったともいわれています。

この島がモデルとなったかについては、はっきりと明言していないようですが、日本全国に「ひょうたん島」のモデルとなった島があるとされています。

他には東京都の八丈島や宮城県石巻市の田代島、青森県八戸市の蕪島などがあるとされています。






タイムリーにテレビにかじりついて見ていた世代ではありませんが、妙に懐かしさを感じてならない島でした。


私事ですが、ちょっとしたお出かけ先でご当地タオルやTシャツを購入するのが好きです。



今回はこれ。
「山田っ子魂」と力強くプリントされたタオル。

機会があったら、この手のコレクションを紹介したいと思います(笑)



 
 ポチッ 2014/09/06(土) 22:07:56 おでかけ トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。