小岩井のんびり生活

小岩井農場の傍でDIYや庭作り、その他の日常生活を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ビールを美味しく飲むアイテム

週末に面白いアイテムを発見しました。
とあるホームセンターで安売りしてたので、迷わず飛びつきました。

    ビールサーバー箱

TAKARA TOMY から発売されているビールサーバーです

前から自宅用のビールサーバーがあればいいなぁと思っていたので、約¥1000 と知って即買い。
炭酸ガスを使用したタイプのサーバーはよく見かけますが、実際に購入するとなると躊躇する値段でした。



       ビール本体

早速、冷蔵庫にあったビール(正しくは発泡酒)でお試しです。
いつもなら、この缶のまま飲むところですが…

グッと我慢して説明書に目を通してからいざ実践です。



  ビール1

普通に注げば普通にビールが出ます。
取っ手近くのレバーを引きながら注ぐと、注がれるビールが泡になって出てきます。

単4電池でモーターが回る音がします。
おそらくそれで泡にしてるんでしょう。

  ビール泡

ケータイ写真なので雑ですが、けっこうキメ細かい泡ができあがります。

     ビール注ぐ

美味しいビールの泡の比率は7:3の黄金比率だそうです。


そして今夜も泡のあるビールを美味しくいただきます。

が、

ひとつ不満があるとすれば、たぶん泡立てるぶんだけ、ビールの量が減ってる気がします




 
  ポチッ
スポンサーサイト
2013/07/29(月) 18:43:47 トラックバック:0 コメント:0

キナコとオバマ

ネザーランドドワーフ()のキナコは人間でいうとすでに超高齢の身。
見た目は全く変わらないんですけど、毛並みは少々艶がなくなってきたか…といった感じです。


定例の毛切りが行なわれました

肉球を持たないウサギは、意外と華奢な足です。
足先にもモシャモシャと毛が生茂っています。
爪を切るついでに、トリミングします(妻が)。

  キナコ尻

ウサギはけっこう立派な睾丸を持ってます。
まるで明太子のような形と色艶です。

  キナコですが、立派なオスです。
kinaccoと表示します。

由来は黄な粉の色だったから…

足をフルフルさせながら、はさみで刈られるのに耐えました。

  キナコ07

ビフォー・アフターの写真はありません。


------------------------------------------------------------

職場で初海外旅行に行くというヒトがいて、先月スーツケースを貸しました。
行ってみて、はまりそうだったら購入する!ってことで、今回はレンタル。

オモシロいお土産をもらいました。

    オバマ2

どこかの大統領みたいですね。

      オバマ3

栓抜きですね。

 オバマ

日本の海洋堂に劣らぬクオリティです。
そういえばこの大統領はハワイ出身でしたね。

ハワイのお土産でした




 
  ポチッ
2013/07/27(土) 06:17:38 ネザーランドドワーフ トラックバック:0 コメント:0

庭木の微成長

北東北はぐずついた天候が続いています

おかげで日課の散水は事足りていますが…
そんな中、庭に植えた木々たちは恵みの雨のなか些細ながらも成長を続けています。

   コナラ7月

コナラの苗木1.5mです。最近やっと葉が勢いよく萌芽しだしました。
成長が早いとのことなので、早く木陰を作ってくれることを期待します。


   クヌギ株立ち?
 
     ↑ 先月、ミズナラの根元に小さな芽が萌出したんですが、
     ↓ 今では日々グングン伸びて、早くも株立ちの様相を呈し始めています。

   ミズナラの根元

新芽って少し赤みがかった色をしてるんですね。
知りませんでした。
ミズナラは樹高35mくらいになる(はずの)雑木です。
でも庭植えだとそこまでは大きくならないと聞きました。
別になってもらって構わないんですけどね。

このまま放任して見守りたいと思います。


クヌギ苗 クヌギ新芽2

クヌギの苗木もいつの間にか葉をたくさんつけてます。
根付いた証拠でしょうか。

     クヌギ7月

別のクヌギもグングン伸びてます。

このまま成長してくれたら、近いうちに庭の西側だけですが雑木林になりそうです
ドングリをたくさんつけて欲しいなぁと思います



 
  ポチッ
2013/07/25(木) 02:20:28 植栽 トラックバック:0 コメント:6

そば畑

お試しで蒔いたそばの実でしたが、
あっという間にこんなに成長していました。

   そば



はじめはこんなだったのに、

      そば畑2

今ではこんなに大きく成長しました。
近頃の雨で、さらに急成長しています。

      そば2

よく見たら、そばの花が咲き始めていました。

   そばの花


なんにも手をかけてないけど、勝手に育つそばはなんて丈夫なんだろう…
これはもしかして、近いうちに念願だったそば粉を一から作れるのではないだろうか。

      石臼

石臼の出番も近いっ




 
  ポチッ
2013/07/19(金) 21:49:31 トラックバック:0 コメント:0

玉切り

ハスクバーナ135eの威力をこれでもかってくらい発揮できる環境で酷使しました。
チェンソーは常にエンジンフル回転じゃないといけません!

  ハスク135

それにしてもかっこいいなぁと感心します。
森林先進国スウェーデン は日本よりも、この手の分野では20~30年も先を行ってるそうです。
にしてもかっこいいデザインです

  玉切り1

このハスクバーナ135eは、チェンソーのバーが短めです。
何せホビータイプなので、いたしかたありません。

でもそのぶん、目立て作業はソーが短いから楽です。

  玉切り2

  玉切り6

エンジン音を轟かせて、おが屑を浴びながらの作業。
汗を流す楽しさ。
でも脱水症状に注意です

  しんた2

いつもの薪運びのパートナーも急遽参戦してくれて、作業はおおいにはかどりました。
彼は10人分の働きができる漢です(笑)

  保管

自宅の駐車場に玉切りにした薪を置きました。
写真では分かりにくいですが、奥行きがけっこうあります。

今度はこれらを割る作業が待ってます…

楽しいけど、なかなか大変なのも事実。


とりあえずこの日は慰労会ってことで、いつものBBQをしました。
我が家では、真っ先に飯盒飯を炊きます。
そしてその後で肉野菜。

  打ち上げ

はじめチョロチョロ なかパッパ 赤子泣いても蓋とるな です。
飯盒でご飯炊くのは、この道20年くらいになるので99%失敗なく美味しいおこげつきのご飯が出来上がります。

梅雨明け
いつになるんでしょう。

空の具合でもみながら、コツコツ薪を割り始めます。




 
  ポチッ

2013/07/17(水) 20:48:34 トラックバック:0 コメント:2

畑と庭と

今年も一応やってますが、庭作業の比重が大きいためそこそこの作業っぷりです。

   なす収穫

   なす収穫2

ナスを間引きました。
雨後の筍の如く、いつの間にか実がなってました。

       なす

ウチの畑は、現在4畳半くらいのサイズです。
来年は倍くらいに拡大したいと思っていますが、さてどうなることか。

その4畳半のスペースには、ジャガイモ、トウモロコシ、トマト、ナス、枝豆(4種類)、サヤエンドウ、ブロッコリーがところ狭しと植えられています。
少し離れには、蕎麦もノビノビと成長しています。

これから収穫の時期本番だなぁと思いながら、遠目で畑を眺める毎日です。




 
  ポチッ
2013/07/15(月) 06:17:19 トラックバック:0 コメント:0

ピザ窯 基礎4 完成

一度はまるとトコトン手をかけてしまうたちです。
前回、ピザ窯の表面のモルタル塗りが中途半端で終わってしまったので、無性に完成させたくて、梅雨空のなかついに完成させました

    ピザ窯 基礎モルタル塗り

…変わり映えしないですね。
でも前回の写真と比べると、進捗ぶりが分かると思います。

    ピザ窯 基礎 目地

        ↑ 前回までの写真です。目地が露わでした。


後ろ姿も個人的には激変したと思ってますが、ウチの奥さん的には違いがよく分からないみたいです。
「なにをそんなにがんばってるの?」調です。

    ピザ窯 基礎後ろ

このキューブ状の基礎。
これだけで満足しそうです
でもこのままの状態だと、いったい何に使えるのか…


思うようにキレイに平らに塗れないかたいモルタルでしたが、途中からラフにやっていこうと気持ちを切りかえて作業しました。凸凹表面もなかなか、
味があっていいじゃないか。
と自分に言いきかせながら。


そしてまた、
はやる気持ちを抑えられず、どんな感じになるのかな…
と、耐火レンガを焼床イメージで並べてみました。

   ピザ窯 基礎完成

かっこいいです。
実に満足です。

ただ、ココから先の作業は一気に先送りになると思います。

レンガをカットするグラインダーとか持ってないし、耐火モルタルの用意も全然できてないし、そもそも耐火レンガ自体近くにもう売ってません…


しばらくは、この常状態で庭の一角に鎮座しそうです



 
  ポチッ
2013/07/13(土) 07:16:24 ピザ窯 トラックバック:0 コメント:7

ピザ窯 基礎3

時間をみつけてはコツコツとピザ窯作成を進めております。
でもまだ基礎の段階です。

    ピザ窯 基礎途中

これは先日ブロックを積んでいる最中の一枚です。
はじめてブロックを積む作業をしました。
思っていたより難しいです。

どうせ低いからいいかなと、鉄筋は入れてません。
代わりにアンカーボルトを随所に入れてます。
意味あるんでしょうか!?
効果があると信じたいと思います。

    ピザ窯 基礎 目地

個人的にブロックが目地ごと露出してしまうのは何だか美観的に好きくないので、表面をモルタルで塗ってみることにしました。
でもこれがテレビでよく見る左官業のようにうまくいかない…

    ピザ窯 基礎 こて塗り

近くで見ると、ボコボコしてます

でも、目地が隠れるとモノコックな感じで味があって良しとします。
空洞の部分の床は、手前に勾配をつけた(つもり)ので、雨が入り込んでも水が溜まらないはずです。
薪を保管していても腐らないよう祈ります。


この日は小雨がパラパラと降るなかでの作業でした。
途中、パラパラがボツボツに変わってきたタイミングでお終いです。
雨のなか、モルタルを練る作業はしたくないですね。

だからピザ窯の後ろはまだ目地がそのままです。

    ピザ窯 後ろ


このまま表面全体をモルタルで塗ったら、ちょっとかっこいいピザ窯になるだろうと、、、そう想像しながらの作業でした
肝心のピザ窯本体の作業は、ゆっくりやっていこうと思います。




 
  ポチッ
2013/07/11(木) 08:16:10 ピザ窯 トラックバック:0 コメント:0

新・チェンソー

数年前にホームセンターで買った約20000円のチェンソー。
使用方法もメンテナンスもよろしくなかったのか、動かなくなったのは少し前の話です。
けっして安くはない買い物だったのに…

薪を作るときにはもうすでに調子が悪くて、近所のハスクバーナに勤めている人からチェンソーを借用して使用していたのは前にもブログにアップした通りです…


国産のチェンソーを否定するわけではありません。
でも、森林王国スウェーデン で老舗のハスクバーナのチェンソーはやっぱり違います。

馬力、使いやすさ、そして今ではチェンソーにさえ排ガス規制のエコ機能があるという事実。
個人的には、なによりデザインの秀逸さが一番のお気に入りです。

     はすくばーな

実際に借りて使用してみて、エンジン音とかパワーの良さに当然のことのように欲しくなりました。
あまり物欲はないほうなんですが、最近なんだかこの手の機械モノに興味津々です。
年に数回しか使わないのに。

チェンソーはいいものは高いです。
それなりの理由があって高いんですけど、ハスクバーナにもプロ用ではなく一般ユーザー向けの安価モデルが存在しました。

貯めた小遣いでなんとか購入できる範囲のプライス…
そして、一大決心・奮発しました。
プロ用は数十万円します。
自分はけっしてプロではなくてホームユーザーなので、一番安いモデルで約30000円(それでも自分にとってはかなり高価な買いものです)

    ハスク135e2

いやぁ~、かっこいいです。
オレンジグレーの配色と、Husqvarnaの藍色の文字。加えて金属の生々しい艶。
国産ではこのストイックなまでに究極の機能美を追求したデザインは難しい気がします。
言いすぎでしょうか。

とあるホームページでは、こう書かれていました。
「安物のチェンソー10台持つよりも、ハスクのこのタイプのチェンソー1台持つほうが断然賢い選択」と。


お試し始動してみました。
太い音がします。

ジェイソンもうっとりのエンジンサウンドです


     ハスク135e

余談でどうでもいいことなんですが、東北の日本海側はスチールというメーカーが主流で、太平洋側がハスクバーナが主流だそうです。メーカーの勢力図がそうなんだそうです。


5~6mはあろうクルミの立ち木を伐採したいという近所のT家。
先日、早速切り倒しに行って来ました。
切った木は薪としてくれるそうです

ストレスなくチェンソーの自重だけでサクサク切れたクルミの木。
近いうちに薪作り第二段せねば



 
  ポチッ
2013/07/09(火) 14:40:21 トラックバック:0 コメント:0

ほたる

雨が降り続いて湿度が高い今日この頃。
日が暮れて、辺りが薄暗くなる時間帯に彼らは現われます。

ジメジメ、ムシムシして風が少ない環境のなか。


毎年6月下旬から7月上旬にかけての期間限定で…

そして時間帯もピークは午後7時から11時頃。



そうです。
彼らとは、源氏蛍のことです。


小岩井農場では毎年この時期に「ホタル観賞会」をやってます。今年もかな?
清流に生息するといわれているホタル。
ただ水がキレイならいいというわけではありません。

ホタルの幼虫が好むカワニナという巻貝が多く生息していることが条件です。
このカワニナという貝。
これがキレイな水にしか生息していないのです。

つまり、結局ホタルは(エサがある)キレイな水があるところに生息しているわけです。


ウチの近くに、小岩井農場から続く小川が蛇行して流れてます。
おそらく上流の小岩井農場からホタルの生息エリアが広がっているんでしょう。


      CASFF69G.jpg

写真は昨年ウチの玄関先に飛来した源氏ボタルです。
おもいっきりピンボケです。
見にくいです。
すみません

そのまま室内に誘導して、少しの間だけ貸切りのワンマン蛍ショーを堪能しました。
もちろんすぐに外に逃しましたよ。


高性能カメラではないので、撮影はけっこう困難です。
なので、どんな感じに見えるのかイメージ画像を作ってみました。




   作業中
   
      とある日の昼間の写真です。
      奥の林のしたに小川が流れています。

   作業中2

      同じ写真ですが、暗くしてペイントでホタルの軌道を描いてみました。
      うそっぱち写真です。
      あくまでこんな感じだよっていうイメージ画像です。
      伝わりますかね。


成虫になると、飛び回って相手を探します。
その寿命約1週間。
木の葉に溜まった水分だけを飲んで(ものを食べる口がないそうです)、ストイックに相手を探し、命をつないでいきます。

残していかなくてはならない風景です。


昨夜も奥さんと近くまで行ってホタル観賞しました。
なんだか昨年よりは少し少ないかなという印象です。

蚊に喰われた箇所が痒いです。
ホタル観賞に虫除けスプレーは禁物だそうです。
 (小岩井農場のホタル観賞会でガイドさんがそう言ってました)




 
  ポチッ
2013/07/07(日) 07:00:25 日常 トラックバック:0 コメント:4

ピザ窯 基礎2

休日は、庭作業・畑・他…
カラダが休まりません

でも不思議なもので、仕事よりもずっと過酷な肉体作業のはずなのに疲れません
違うんでしょうね、使う神経が。


ピザ窯を作ろうかどうしようか考えた結果、…作り始めてしまいました。

サイズは小さめ。
簡単に作れること。
費用も当然おさえる。


以上のことから、60cm角のサイズに決定しました。
どうして60cmかというと、コンクリート平板の規格が30cm×60cmだったからです。
ピザ窯の立ち上がり基礎に空洞をつくって、ブロックの必要量削減と薪の収容スペースが欲しかったから。
ホームセンターで現物を見ながら、最小限の材料で作るにはどうしたらいいか考えました。

    ピザ釜 基礎5

すると、上の写真のような形の基礎の立ち上がりになりそうです。
今度はこれを以前埋めておいた基礎の上に固定します。

    ピザ釜 基礎

60cm角の木枠を組んで、水平をとります。

これ、たたきを作ったときと同じ手法です。
プロからしたら掟破りな方法なのかもしれません。

    モルタル作成

基礎に使用するコンクリートを練ります。
分量は適当です
今回は山砂が多量にあったので作業はラクでした。
いつものようにホームセンターで川砂を買ってくる必要がなかったので。

    ピザ釜 基礎8

隙間までコンクリートが行き渡るように棒でひたすら突きます。
含まれる空気を抜く意味合いもあります。

    ピザ釜 基礎9


待つこと1日。


    ピザ釜 基礎7

型枠を外します。
川砂で作ったコンクリートと山砂で作ったコンクリートは色が微妙に違いますね。
強度はおそらく変わらないものと思われます。

    作業中

いつもこんな感じでネコ押してます。

    ピザ釜 基礎6

仮に基礎の上にブロックを置いてみました。
空洞部分に薪とかをストックしておけるようにしました。

    コピー ~ ピザ釜 基礎6

これからモルタルで固定したら、いよいよ耐火レンガ火室の作成にとりかかろうと思いますが、完成イメージはこんな感じです。
ピザ窯にも色んなタイプがありますが、一番作りやすくて低費用のアーチ型にする予定です。


最初は5年くらい以内に完成を!
と思ってましたが、案外サクサクと作業がはかどるので、もしかしたら年内の完成もありえるかも知れません





 
  ポチッ
2013/07/05(金) 17:55:43 ピザ窯 トラックバック:0 コメント:2

BBQ

6月30日、甥っ子たちがあそびに来ました。
そろそろ3歳になる双子の甥っ子たちは、話すことも覚えてきて活発盛りです。
 
        泣く子

    ツインズ

天気も程よく晴れたので、庭でBBQをしました。
今年は庭先の造成を行なっている最中なのですが、コンクリートのたたきでは初のBBQです。

作成時に、BBQを想定したサイズにしてあったので、今回実際に使ってみて思い通りの使い勝手だったのでホッとしました
なんとなく芝が痛むような気がして、直接芝の上ではBBQしたくなかったから。

    BBQ1


    砂場遊び

BBQそっちのけで、芝の下地用の山砂で遊ぶ甥っ子たち。
ポケットの奥底まで砂が入り込んでます。
終いには頭から砂を被ってしまい…

        おいっこ

強制脱衣&着替え。

大空の下で全裸になる機会ってなかなかないですからね。
この日、短時間で二回ほど着替えしてました

   


 
  ポチッ
2013/07/03(水) 06:21:25 日常 トラックバック:0 コメント:2

オープンガーデン

一昨日、近所の友人宅でオープンガーデンが行なわれました。

庭を作りはじめて3年が経った今年。
ついに念願だった開催です。

      オープンガーデン

寄せ植えのウェルカムボード。

    T家の庭

    わわ

    オープンガーデン2

バラ などの花を中心とした庭です。
心地いい風の通り抜けるイングリッシュガーデンです。

先月設えたテラスの屋根も雰囲気にバッチリ合ってます。

    剪定中

花の手入れをするT家の奥さん。
休日は庭かどこかの山頂にいるそうです。

T家の奥さん

庭で採れたジューンべりーのパンケーキをお振る舞い。
うまいです。
これいい!と思ったのが、凍らせたジューンべりーの実を氷代わりにいただくオレンジジュース
その技、頂戴いたします。


  T家の夫


こちらはT家の夫。
妻同様、休日をアクティヴに過ごし、そしてオールマイティーに家事をこなすことができます。
フットサルと二人の子供をこよなく愛する主人です。

おっと、庭の紹介と趣旨が違ってきました


    ナツと

ナツと仲良しのT家の長男クンです。
昼過ぎにナツとお邪魔しましたが、
オープンガーデンは大盛況で、絶えず来客が訪れていました。

    わ

せっかくなんで、バラの写真を一枚
バラを中心としたオープンガーデンなので、バラが見頃の時期の今が旬なのだそうです。


さて、我が家の庭はというと…


何もない見晴らしのいい殺風景な荒野なので、ある意味すでにオープンガーデンなのですが
最近はフェンスとかが建ったのでさすがに見かけなくなりましたが、住み始め当初は庭を通行人が横切ることもしばしばでした。
何処までが庭なのかもはっきり分からない、雑草ボーボーの空き地だったので無理もありません




 
  ポチッ
2013/07/01(月) 20:59:13 日常 トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。