小岩井のんびり生活

小岩井農場の傍でDIYや庭作り、その他の日常生活を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

蕎麦の栽培

以前、手打ちそば作りが趣味とブログに書きました。
 (「食」のカテゴリー参照)
今まではそば粉を購入してそばを打ってました。

美味しいそばには、3たてという条件があります。

   1、挽きたて
  2、打ちたて
  3、茹でたて


今までのやり方だと、2と3はクリアです。
しかし、1の挽きたてとなると、そば粉を購入している時点でちょっと難しい…

いつかは1もクリアしたかった。
と思っていたら、想いは通じました。

ある日、知人から石臼を頂戴したのです!

     石臼

使いこんだ立派な石臼です。
願えば叶うものですね。
一昨年前から、石臼を色々探していたところでした。

石臼で挽くそばの実はというと、
昨年とあるそば屋でもらったそばの実が入った小さな袋があったんです。
一晩水につけて畑の一角に蒔きました。

  そばの芽

そばの実を蒔いて3日で大きな芽が出ました
けっこう勢いがある植物なんですね、そばは。

そばは年に数回作付けができると聞いたことがあります。
夏は暑いからあまりそば打ちしたくないなぁと思ってましたけど、新鮮なそば粉があるなら話は別です。
冷たい盛りそば、いいですね。

     そばの芽2


庭作りに加えて、そばの栽培…
畑もあります。
大忙しの2013年です。


  そばの実で
   想いもふくらむ
    三十路かな



おそまつ。

 
  ポチッ
スポンサーサイト
2013/06/28(金) 21:08:32 トラックバック:0 コメント:0

ビオラ

女性ってが好きなんだなぁと、つくづく思います。
ウチの奥さんもそうです。

石垣の花壇も奥さんのリクエストで造りました。
木製フェンスの下の花壇にも、ちまちまと植栽が増えてます。

       パンジー

なんでしょうか?
この小さな花は…

直径1.5cmにも満たない小さなビオラです。
ポットで種から育てたビオラのようです。

 注:とあるコメントを頂きまして、パンジーと思っていたこの花は実はビオラのようでした。
   ここに訂正させていただきます。
   

   パンジーポット

いったい何個あるんでしょう…
まだ肌寒い季節に種を蒔いてました。
「発芽した!」
「大きくなった!」と奥さん。

これらはもう少し大きくなったら、花壇に地植えするんだそうです。

今日この頃は暑い日が続いてますが、今年の春はいつになく寒い日が続きました。
だからこんなに小さいなんでしょうか?



女性ってが好きなんだなぁと、つくづく思います。

自分はというと、

葉物が好きです
あまり花に対する関心が薄いんです。
桜は好きです。
ジャガイモとか稲の花も好きです。

なんとも華がない夫ですみません。




 
  ポチッ
2013/06/25(火) 21:28:29 植栽 トラックバック:0 コメント:0

芝 その2

暑い日が続いています
岩手は、いつになったら入梅するんでしょうか。

休日に晴れられると、庭に出ずにはいられません
今日は高麗芝10束を追加購入して敷きました。

     芝0623-4

ホームセンターで売られている芝とは新鮮さが違います
そもそも、この時期になると束状態で売られている芝は管理が難しいので、あまり扱わないそうです。
中の部分から枯れてくるそうです。

   転圧テラノ

敷く前に、車で下地を踏んで転圧しました。
今まで地味に足踏みしたりタコで突いたりしてましたけど、こっちの方が効果的だし楽でした。
もっと早くからこうするんでした。

   芝0623-3

今回は目地張りを選択しました。
隙間なく敷きこむベタ張りが良かったのですが、全体の必要量を少しでも減らすためです。

   芝0623-2

そして、目地を山砂で埋めていきます。
これも結構山砂を消費します…
でも仕方ありません。

   芝

見える範囲で、高麗芝を15束使用しました。
けっこう奥の方にも見えない箇所はありますが。

の選択に至っては、色々と考えました。

 ① 今回のように敷いていくタイプ。
 ② ティフトン芝のように、芝のポットを植えて広がって行くタイプ。
 ③ 種を蒔いて発芽をさせる西洋芝タイプ

結局は①のタイプ、高麗芝にしました。
理由は?
特にありません。

     しいて言うなら一番簡単そうだから…


たたきもキレイににマッチしました。
実はこのたたきの形状は、岩手県北の八幡平市にある、とあるペンションのたたきをイメージして作りました。

ウチのウッドデッキの前をどうしようか…
昨年宿泊したときに見て、「これいいかも。」と思ったのが始まりです。

最初はインターロッキング風にしようか、とか、ピンコロ石を敷き詰めようとか色々考えました。
コスト面も含めて。
インターロッキング用のブロックやピンコロ石のひとつの単価は安いけど、それなりの面積となると経費も当然ながら膨らんできます。

そこで、コンクリートをなんとか工夫して敷けないかと考えて参考にさせてもらいました。

   こうする予定

            八幡平市のペンションの一角です。
              これをアレンジして庭にとりいれました。





 
  ポチッ
2013/06/23(日) 20:15:58 芝とたたき トラックバック:0 コメント:0

この木は?

この木、何の木?

     クヌギ?

おそらくクヌギか?

庭の意図せぬ場所でひっそりと成長していたこの木。
現在の背丈は約1m弱。
葉の形状を見るかぎり、ギザギザしていてナラの一種だと思われます。
だとしたら大きくなる落葉広葉樹ですね。

はい。
君、採用です



     2013年7月5日 追記
      樹木図鑑で調べた結果、ミズナラであることが判明しました。





南向きの庭の西側に移植しました。
よく見ると、根元から小さく萌芽してます。
これは株立ちに成長するであろう兆し…

まさしくお金のかからない木です。
多分こんな木だって買えばそこそこするんだと思います。


     クヌギ苗

これは、ちいさなポットで栽培していたクヌギの苗木です。
小さなポットの中で、根がところ狭しとトグロを巻いてました
根崩ししてから、これもさっきの木の近くに移植。

いったん根付けばグングン成長してくれるはずです。
庭にカブトムシがやってくる日も近い

いま、雑木の庭になる手伝いをしてます。
いつの日か、自然の力で勝手に雑木林になってくれないかな・・・・・
と安易に楽したい気持ちでいっぱいです。




 
  ポチッ 2013/06/21(金) 22:00:41 植栽 トラックバック:0 コメント:0

ピザ窯 基礎 1

庭の一角にピザ窯があるのが夢でした
いや、ピザ釜を作るのが夢でした。
すぐに着工するわけではなく、いずれ作成しようかと考えてます。

今回、芝を敷くために山砂を厚く盛るのでその前に基礎だけでも作っておこうと思いました。
後から掘るより、基礎を作ってから周囲を高くする方法を選びました。
その方がラク・・・


まずは基礎からです。

  ピザ釜 基礎1

アバウトに穴掘って、砂を敷き詰めて…
砕石ももちろん一番下に敷いて転圧済みです。

  ピザ釜 基礎2

一応セメントも投入して山砂と混ぜます。
バサモル状態です。

  ピザ釜 基礎3

で、
名前は分かりませんが、コンクリートの円柱のやつを適当に並べます。
実はこれが地中の基礎になる予定です。
長さはだいたい35cmくらい?
だから砕石部分と合わせて40cmくらいの地中基礎になります。
小岩井地方の冬の凍結を甘くみてはいけませんから。

表面は凸凹してますが、これは後から上にモルタルかコンクリートを平らに盛るので問題ありません。
あくまで地中基礎の一部です。
今に見えなくなる場所だからいいんです

  砂敷き

位置はだいたいこの辺です。
火をおこしても回りに影響の少ないと思われる位置。

  ピザ釜 基礎4

そうしてから、周りを山砂などで埋めていきます。

と、今回はこの辺で終わりました。
おそらく、続きはしばらく後になると思います

を敷くのが先決です



 
  ポチッ
2013/06/20(木) 22:48:00 ピザ窯 トラックバック:0 コメント:0

作物

植え付けも遅かったせいもあってか、まだ何の収穫にも至ってません…
でもジャガイモの花は咲き始めました。

   2013 ジャガイモ ← 芽かきした頃の様子

   ジャガイモの花 ← 現在の様子

昨年は芽かきと土寄せがあまかったから、不作でした

今年はそのへんはバッチリです

   20130617畑

小規模ですが、我が家の今年の畑です。
畑というより家庭菜園って呼んだほうがいいかも知れません。

庭作業であまり手が回らないので仕方ないです

          とうもろこし

爪楊枝のようにヒョロヒョロだったトウモロコシの苗もなんとか幾分たくましくなりました。
あまり期待してなかったので、少し嬉しいかもです。






 
  ポチッ



2013/06/18(火) 06:25:17 トラックバック:0 コメント:2

芝 その1 

以前作ったたたきの周囲にいよいよを敷くため、最近は下地作りに勤しんでいました。
あらかじめラウンドアップ(除草剤)でしつこい雑草の根まで枯らしておきました。
そして、耕運機でひたすら耕します

   整地2

   整地

境界線はまだ決めてないので、おおまかに耕しました。
茶色の部分が耕したところです。
大小さまざまな石がゴロゴロでてきました
バスタブ1杯分は拾ったように思います…
意外にも、雑草よりも強敵でした(笑)

しばらくすると、頼んでいた山砂が届きました。

   山砂搬入

今までは2tトラックでしたが、今回はダンプカーでした
7立米ってけっこうな量でした。
重さ10tだそうです。

それを、
手持ちのスコップで、ひたすらかき出していきます。
たたきとだいたい同じくらいの高さになるように整えながらの作業です。

   山砂を敷く

量が量なので、これでも山砂のほんの一部です。
おそらくこの日一日で1.5立米くらい使用したかも知れません。


で、
こらえ性がないワタシは、また芝を早速部分的に敷きたくなってしまい、行きつけの芝専門店から高麗芝5束購入してきました。

(きわ)だらけですが、カットしてパズルのようにはめていく作業が実に楽しい

芝敷く

まだほんの一部ですが、着実に前進している感じで満足感ひとしおです。

この日もかなり日に焼けました。
おでこにタオルを巻いた跡がのこるくらい。
腕は完全にポッキー状態です。

発汗量も半端ではありません。

DIYダイエットです。

             続く


 
  ポチッ
[芝 その1 ]の続きを読む 2013/06/17(月) 21:01:54 芝とたたき トラックバック:0 コメント:0

ラウンドアップ

庭を約3年間ほったらかしにしていたので、いわゆる雑草が蔓延ってます
スギナ、シロツメクサ、ススキ…
どれもやせた土地で元気よく育つ植物です。

特にスギナとススキは厄介です。
地下茎でみるみる生息範囲を伸ばして広がっていきます。

この先、たとえ盛り土してその上に芝などを敷こうとも一時的なものであって、いずれは突き破って芝生がスギナ畑に早変わりってことになりかねません

そこで、「ラウンドアップ」という除草剤の使用を試みました。
お世話になっている芝専門店の主人からのアドバイスのひとつです。

スギナやススキは少しでも根が残っていると、たちまち再生してしまうのだそうです。
そこで、その根ごと枯らしてしまおうってのが、ラウンドアップです。
いったん枯らしてしまえば、その上に盛り土して植物を植えるぶんにはなんの影響もないと。
説明書通りに希釈して1週間前に雑草地にかけました。
効果はすぐには分かりませんでしたが、今では効果が目にみえます。

    ラウンドアップ

シロツメクサの群生する箇所の一部に使用して5日たった様子です。
パリパリに枯れました…
根までカラカラでした。
強力作用です。
ちなみに速やかに土壌分解される薬剤だから安心安全だとのうたい文句です。

でも、多少の不安はありますね。
「農薬」ですから。

葉や茎にラウンドアップの薬液が触れるだけで、植物の成長に必要なアミノ酸の合成を一切遮断する効果があるのだそうです。
枯らしたい植物(葉物でも樹木でも)の一部にかかると、たちまち根まで届いて枯らしてしまうという…
アメリカはなんておそろしい化学薬品を造ったのでしょう。


よく、遺伝子組み換えの大豆とかが良いだとか悪いだとか話題になりますが、遺伝子を組み換えをすることで、この手の農薬に耐性を持たせた大豆を作るんだそうです。
広大な畑で、雑草の駆除は農薬による殲滅。
薬剤の耐性を持つ大豆だけが生き残り、ピンピンしている光景。
いくら安全安心な薬剤とはいっても、ちょっと引いてしまいます。


話の軸がぶれてきました。

農薬は諸刃の剣だってことです。
いい面もあれば、悪い面もある。
農薬に限らず、言ってしまえば
なんでもそうですけどね。


今回、我が家では
あくまで下地作りのための除草の一環で使用してます。


 
  ポチッ
2013/06/16(日) 21:51:07 芝とたたき トラックバック:0 コメント:2

アオダモ植樹

ウチのシンボルツリーはまだ決まってません
まだ植えられる状況じゃないし…

でも、先日ある植木市でいいのを見つけました。

アオダモの株立ち(約2.5m)です。

 アオダモ1

色々ネットで同じようなやつを探してみたけど、¥15000~25000くらいが相場でした。
今回はそれが¥8500で売られてました
買いです

でも、植えつける予定の場所が案の定水はけが悪い…
それでも、深く掘って耕して高く土を盛ればいいや。と思って掘っていると…
外の水場の配水管に辿り着きました。

   アオダモ下地2

これを利用しない手はありません
そうです。
得意になった「暗渠排水工事」の応用編です。

アオダモ下地3 アオダモ下地

開けた穴にL字の塩ビ管を差し込んで、おなじみのコルゲート管を配します。
当然ながら、おそろしく排水性が向上しました。

その上に、配合した肥沃な土を盛り、アオダモを植えました。
水ぎめという方法で、多量の水で根のまわりに土を届けます。

   アオダモ2

たった一本の木で、殺風景だった庭の一角が、一気に彩られた感じです。
アオダモは山の木なので、雑木風にはぴったりです。

  アオダモ3
 
大きくなれば、いい木陰を提供してくれるはず…

   アオダモ4


日中は暑くて暑くて外では何の作業もしたくありません
寒さには強いけど暑さには弱いのです。

この日も、夕方から日没までの作業でした



 
  ポチッ
2013/06/10(月) 21:10:17 植栽 トラックバック:0 コメント:6

チャグチャグ馬コ

今日は、仕事で盛岡市内の某所で研修でした。
昼休みに天気もいいしちょっと外へ…

そしたら人だかりができているではありませんか。

そうでした。
きょうは春の風物詩「チャグチャグ馬コ」の日でした。

       チャグ2


チャグチャグ馬コ(ちゃぐちゃぐうまっこ)は、岩手県の滝沢村と盛岡市にまたがって毎年6月の第2土曜日に実施されている祭りです。

滝沢村の鬼越蒼前神社から盛岡市の盛岡八幡宮までの約15kmの道のりを、華やかな馬具を纏った100頭以上の馬を連れてチャグチャグと鈴の音を響かせながら進行します。

1978年には、選定無形民俗文化財に選択され、チャグチャグ馬コの鈴の音は、1996年に環境省の「残したい日本の音風景100選」に選出されたそうです。

古来より、牛とともに農耕にかかせない家畜であった馬の勤労を感謝する祭りで、大型の優秀な馬「南部駒」の産地として知られる南部藩において日頃の労働の感謝の意味を込めて旧暦の5月5日に村民が鬼越蒼前神社に馬の無病息災を祈願したのがチャグチャグ馬コの起源のようです。

  チャグ1

  チャグ3


着飾った小さなコたちが馬の背に揺られながら行進。
さすがに100頭近くの馬が練り歩くと、渋滞ができてました。
馬糞もいっぱい道路に落ちていました(笑)

  チャグ4

この日ばかりは、道路におっきいウ○コが落ちててもいいんです。
(最後尾に清掃車が走ってるのでキレイにされてました。)



岩手に住んで長いですが、
何を隠そう…
実は、はじめてチャグチャグ馬コを見ました。

そういった意味で、貴重な1日となりました。



 
  ポチッ
2013/06/08(土) 20:50:00 その他 トラックバック:0 コメント:0

どんぐり発芽

拾ったドングリ を土に埋めてたら・・・

   ドングリがコナラ

芽が出ました

コナラの芽です。
しかも早々に株立ち。

雑木の庭を目指してるので、嬉しいかぎりです。
しかし、立派な樹木へと成長するのは何年後?



 
  ポチッ
2013/06/06(木) 06:58:32 庭・DIY トラックバック:0 コメント:0

アプローチの完成

ついに芝を敷き終えました

全部で4束使いました。
山砂は土嚢袋で7袋必要としました。

   アプ

反対側から。   

   アプ芝

まだちょっと地肌が見える箇所がありますが、おいおいゆっくりと手を加えていくつもりです。
限られた時間のなかで、急ピッチで着工しました。
少しでも早く芝の上を歩きたかったので


思えば昨年の秋も終わる頃、花壇&アプローチに着手

   花壇工事中 ← 2013年11月

     apu mae
        昨年は石垣花壇の作成はここで終了しました。
        たいそうぬかるみの激しい地面でした。

   暗渠工事中
     そして今年の春に暗渠管を埋めました。
     このひと手間が、後々に及ぼす効果が大きいと思われます。


そして今回の枕木と芝を敷くに至ったわけです。
いやぁ~、自己完結型の自己満足日誌です。

次は「たたき」付近の芝敷きにとりかかりたいところです。



 
  ポチッ
2013/06/05(水) 20:54:42 アプローチ トラックバック:0 コメント:2

アプローチに芝

なんとかアプローチ枕木を置く作業が終わりました。
今度は、枕木の間にいよいよを敷く作業です。

選択した芝は「高麗芝」
一般的にもホームセンターでよく店頭に並ぶ種類です。

本当は野芝という選択をしたかったんですけど、高麗芝より少しだけ値段が高い…
チリも積もれば、と考えて結局高麗芝にしました。

   アプ (一束分の高麗芝)

   アプローチに芝
                                (もう一束分追加)

先日、一束分だけ敷いてみてました。
今回はもう一束分の追加です。

盛岡市近郊の某芝専門店で、地面から剥ぎたてホヤホヤの芝です。
ホームセンターでカラカラになって売られている芝とは大違いです。

すぐにでも根が伸びていきそうな気配さえ感じられます。


今回アプローチを作成するにあたって、あらかじめ地中に暗渠管排水を施しました。
ただでさえ両サイドの石花壇から染み出た水が溜まりやすい構造です。
適当に水勾配をつけたうえに、暗渠排水。
さらには芝の下地は山砂です。

たっぷりと散水しても溜まることなく、どんどん染み込んでいきます。
芝は排水性がいいほうがよく育つと聞いていたので、一安心です。


ひとつ問題は、まだ芝刈り機がないこと。
もう一つ問題は「際」がありすぎて、芝刈りがしにくいこと。

でもまあ嬉しい問題です。
また解決すべきことが増えたので



 
  ポチッ
2013/06/04(火) 15:25:28 アプローチ トラックバック:0 コメント:5

フラワーガーデン

ぶひひひひひひ・・・・ 白馬

八幡平市にあるというところ。
近年できたみたいで、まわりから「庭がすごくていいところだよ」と聞いてました。

朝から天気もよく、エコ運転で行ってきました。
今日は庭いじりはお休みです。

いきなり白い馬がお出迎え
結構気性が荒めの馬でした(笑)

      うま

こちらの馬は穏やかな目をした馬でした。
他にも山羊やらウサギやらアルパカやら草食動物がたくさんいました。

でもそこは動物園ではなくて、庭のテーマパークです。

  花

  エゴノキ

写真を撮らずにあちこち眺めながら歩き回ってました
例えば、ロックガーデンエリアとか、せせらぎのある庭エリアとか、山野草の庭エリアとか。

      ガーデンハウス

どこかのエリアにあった、ガーデンハウス。
高さ2mくらいでした。
これならちびっ子も喜びそう。
いつか作れそうです、このくらいなら。
2×4工法でした。

帰りは、美味しいソフトクリームを求めて葛巻高原へ。
途中の景色がなかなかキレイでした。

    葛巻高原

やっぱしケータイカメラだと限界がありますね。
牧草をかり集めるトラクターが見えません…

なんの脈絡もない日記風の文面ですが、終わります(


 
  ポチッ
2013/06/02(日) 21:13:09 おでかけ トラックバック:0 コメント:0

アプローチに枕木追加

前回は、とりあえず枕木を2本だけ仮置きしてみました。
今日は、朝早くから追加購入した枕木を本置きしました。

   アプ5

写真はまだ置いただけの状態です。
土を削って高さを揃えながら設置していきました。

     アプ

いつものことですが、夢中で作業してたので途中経過の写真を撮るのを忘れました

少しだけ山砂を入れて、高麗芝を敷いてみました。
我慢できませんでした…

本当は一気に施行したかったんですけど、どんな感じになるかと気持ちが逸ってしまいました。
枕木石垣と。
なんとも合性抜群です。

   CAMDHJVN.jpg

                  ビフォーアフター

   アプ4

通りかかった犬を散歩している人たちが「こうなる予定だったんですね」と。
しばらくの間、通れないアプローチでしたからそう思っててもムリはないです…
最初は石垣の花壇も「池を作ってるんですか?」と聞かれてましたし(笑)

完成は近い



 
  ポチッ
2013/06/01(土) 21:26:05 アプローチ トラックバック:0 コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。