小岩井のんびり生活

小岩井農場の傍でDIYや庭作り、その他の日常生活を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

薪運び

先週までは、仕事が休みとなると雨の日が続きました。
庭の雑草という名の植物たちは、これでもかというくらいの成長ぶりで背丈を伸ばしています。



そこで登場するのが、草刈り機。
2サイクルエンジンの働き者です。

最近だとエンジンではなく電動の草刈り機も市販されています。
確かに静かでいいでしょうね。
けたたましい音をたてずに、近所迷惑を気にすることもなく早朝や夜分に草刈りできそうです

でも、個人的にはオイルの匂いが漂うアナログな機械が好きなので、前者に軍配をあげたいと思います(笑)




ビフォーの写真ではなく、いきなりアフターの写真です。
青々としています(苦笑)

本当に仕事やら何やら色んな事情で庭仕事ができないでおります。
芝ものびのび育ってます…
さすがに今日は、今シーズン初の芝刈りもしました。
冬の間に、西洋芝が勢いを増して高麗芝の合間に割って入って、なかなかいい感じに濃いグリーンになってます。



さて、今シーズン初といえば今回のメインイベントであります薪運び

毎年お世話になっている林業の方から、今年も大量の倒木をわけてもらいました。もちろんタダです。



薪として優秀なナラをはじめ、サクラ、リンゴなどミックスされてます。



知人からレンタルした2tトラックで山に入ります。熊に注意しながらの作業。
…ブナの実が不作だったため、今年は熊が盛んに出没しているみたいです。
何てったって人口より熊の頭数が勝ると揶揄されがちな岩手県ですから

なんとか熊に会うことなく家まで辿り着きました。



そして、なかなか日常で薪割りの作業が難しいこの頃。
べらぼうに安くナラの薪を2tトラックなみなみに有償ですがわけてもらうことができました!
通りがかりに色んな人に話しかけてみるもんですね。今年からお世話になる林業のおじいちゃん。助かることに、既に38cmに切ってある上に、割ってあります

本当であれば、玉切りから薪割りまで一連の流れ作業を楽しみたいところですが、如何せん時間がない…
多少ズルをした気持ちを片隅に置きながら、助かりましたぁというあまのじゃくのような気持ちも大いにある自分。



でもまあ先に分けてもらった丸太がゴロゴロあるではないか…
結局はハスクバーナのチェンソーと斧を使用できます。だから、嘆く必要はどこにもありません。


久しぶりの山仕事に、気持ちのいい汗を流した久しぶりの充実した休日でした。



 
 ポチッ
スポンサーサイト
2014/05/28(水) 21:59:51 トラックバック:0 コメント:0

玉切り

ハスクバーナ135eの威力をこれでもかってくらい発揮できる環境で酷使しました。
チェンソーは常にエンジンフル回転じゃないといけません!

  ハスク135

それにしてもかっこいいなぁと感心します。
森林先進国スウェーデン は日本よりも、この手の分野では20~30年も先を行ってるそうです。
にしてもかっこいいデザインです

  玉切り1

このハスクバーナ135eは、チェンソーのバーが短めです。
何せホビータイプなので、いたしかたありません。

でもそのぶん、目立て作業はソーが短いから楽です。

  玉切り2

  玉切り6

エンジン音を轟かせて、おが屑を浴びながらの作業。
汗を流す楽しさ。
でも脱水症状に注意です

  しんた2

いつもの薪運びのパートナーも急遽参戦してくれて、作業はおおいにはかどりました。
彼は10人分の働きができる漢です(笑)

  保管

自宅の駐車場に玉切りにした薪を置きました。
写真では分かりにくいですが、奥行きがけっこうあります。

今度はこれらを割る作業が待ってます…

楽しいけど、なかなか大変なのも事実。


とりあえずこの日は慰労会ってことで、いつものBBQをしました。
我が家では、真っ先に飯盒飯を炊きます。
そしてその後で肉野菜。

  打ち上げ

はじめチョロチョロ なかパッパ 赤子泣いても蓋とるな です。
飯盒でご飯炊くのは、この道20年くらいになるので99%失敗なく美味しいおこげつきのご飯が出来上がります。

梅雨明け
いつになるんでしょう。

空の具合でもみながら、コツコツ薪を割り始めます。




 
  ポチッ

2013/07/17(水) 20:48:34 トラックバック:0 コメント:2

新・チェンソー

数年前にホームセンターで買った約20000円のチェンソー。
使用方法もメンテナンスもよろしくなかったのか、動かなくなったのは少し前の話です。
けっして安くはない買い物だったのに…

薪を作るときにはもうすでに調子が悪くて、近所のハスクバーナに勤めている人からチェンソーを借用して使用していたのは前にもブログにアップした通りです…


国産のチェンソーを否定するわけではありません。
でも、森林王国スウェーデン で老舗のハスクバーナのチェンソーはやっぱり違います。

馬力、使いやすさ、そして今ではチェンソーにさえ排ガス規制のエコ機能があるという事実。
個人的には、なによりデザインの秀逸さが一番のお気に入りです。

     はすくばーな

実際に借りて使用してみて、エンジン音とかパワーの良さに当然のことのように欲しくなりました。
あまり物欲はないほうなんですが、最近なんだかこの手の機械モノに興味津々です。
年に数回しか使わないのに。

チェンソーはいいものは高いです。
それなりの理由があって高いんですけど、ハスクバーナにもプロ用ではなく一般ユーザー向けの安価モデルが存在しました。

貯めた小遣いでなんとか購入できる範囲のプライス…
そして、一大決心・奮発しました。
プロ用は数十万円します。
自分はけっしてプロではなくてホームユーザーなので、一番安いモデルで約30000円(それでも自分にとってはかなり高価な買いものです)

    ハスク135e2

いやぁ~、かっこいいです。
オレンジグレーの配色と、Husqvarnaの藍色の文字。加えて金属の生々しい艶。
国産ではこのストイックなまでに究極の機能美を追求したデザインは難しい気がします。
言いすぎでしょうか。

とあるホームページでは、こう書かれていました。
「安物のチェンソー10台持つよりも、ハスクのこのタイプのチェンソー1台持つほうが断然賢い選択」と。


お試し始動してみました。
太い音がします。

ジェイソンもうっとりのエンジンサウンドです


     ハスク135e

余談でどうでもいいことなんですが、東北の日本海側はスチールというメーカーが主流で、太平洋側がハスクバーナが主流だそうです。メーカーの勢力図がそうなんだそうです。


5~6mはあろうクルミの立ち木を伐採したいという近所のT家。
先日、早速切り倒しに行って来ました。
切った木は薪としてくれるそうです

ストレスなくチェンソーの自重だけでサクサク切れたクルミの木。
近いうちに薪作り第二段せねば



 
  ポチッ
2013/07/09(火) 14:40:21 トラックバック:0 コメント:0

ハスクバーナ

先日搬入した大量の木(薪の原木)を、これまた仕事の合間をぬってチェンソーで玉切りにしました。
およそ35~40cmに切り揃えていきます。

  2013 薪の原木      
                   
        玉切り中

年に数回しか使用しないとはいえ、チェンソーのメンテナンスを怠ってはいけません。
チェンソーはエンジンのついた機械ではありますが、あくまで刃物です。
原理は細かいカンナを高速回転させて木を削っているようなものです。


近所にハスクバーナというスウェーデン製のチェンソーメーカーの代理店務めの方がおりまして、困ったときは近所のよしみでよく機械の面倒をみてもらっています。

その人から、チェンソーについて色々学ぶ機会が多く「目から鱗」状態。。。

まさしく、チェンソーのメンテナンスを怠ってはいけないことも、その人から教わりました。

我が家のチェンソーはホームセンターで売っているとあるメーカーの家庭用チェンソーです。
今シーズンは調子が悪く、その人からプロ用のチェンソーをお借りして玉切りに挑みました。

やっぱりプロ用のチェンソーはすごい…
     はすくばーな
             (写真撮ってなかったのでイメージ)

原木の上に回転する刃を置くだけで、自重でスススっと切れてゆく
というわけで、思ってたよりもずっと早く玉切り作業が終えました。

 玉切 玉切2

あとはこれからひたすら斧で割っていきます。
昨年、その近所の方からハスクバーナ製の斧を購入しました。

祖父が使っていた和斧を引継ぎ使っていたのですが、かなり年季がはいっていて刃も鈍角で大きい玉切り原木に食込みが鈍くなっていたので新たに必要でした。

      斧

さすがを擁する国スウェーデン
デザイン性もさることながら、その機能も十分に長けています。
林業推進国ですからね。
これだから北欧大好きです。


 
  ポチッ 2013/05/07(火) 02:52:36 トラックバック:0 コメント:0

薪集め 2013

今年も恒例の薪集めの時期になりました。
毎年、近くの林に入って貰えるだけ頂いてきます。

先日も薪集めの心強いパートナーと共に、トラックを借りていざ出陣
その日の午前中はなんとか天気がもちましたが、午後は止みそうもない雨が…

結局、途中で終わざるを得なかったのでこれだけです。

   2013 薪の原木

でも、今年は質のいい原木を手に入れることができました。
やっぱり薪は広葉樹に限ります。
ウチのクラフトマン(薪ストーブ)はそんなにデリケートではないので、針葉樹も全然オッケーです。
でも、火持ちや火力を考えたらやっぱり広葉樹です

写真では見えませんが、下の方には桜の木も少しながらあります。
おが屑で燻製にもチャレンジしたいところです。
あとは、これをひたすら玉切りにして、斧で割るべし。

   CAUH0YIW.jpg

…雨のせいで中断した薪集め。

夕方からは、予定通りBBQを実行しました。
雨風が強く、かなり寒いなかでしたが何だかそれまで中断したくなく、強制実行しました。
駐輪所の屋根が幸いにも大きかったので、その下で早速炊飯

おこげもバッチリできて、まずまずの出来。


全国的にそうみたいですけど、小岩井地方も天候に恵まれません(泣)



 
  ポチッ 2013/05/04(土) 20:11:14 トラックバック:0 コメント:0

薪集め

薪ストーブの燃料集めは、重労働でハードワークです。
チェンソー持って山林で木を切ります。
もちろん許可を得て。

    CAONFQAS.jpg

去年春の写真ですが、いつも薪集めに同行してくれる強力なサポーターS氏です。

今年もガンバロウと思います。
情け容赦のない花粉に泣かされながら



 ↑ 応援の一押しを・・ 2013/03/17(日) 01:59:05 トラックバック:0 コメント:0

小さい薪小屋

           CA7CJFQ2.jpg

玄関の脇に、小型の薪小屋を設えておきました。
昨年造った駐輪所兼薪小屋はちょっと玄関から距離があるから、こっちが便利。
廃材でこしらえました。

もう朝は氷点下

薪ストーブのありがたいことありがたいこと 2012/11/29(木) 21:16:36 トラックバック:0 コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。