小岩井のんびり生活

小岩井農場の傍でDIYや庭作り、その他の日常生活を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

今年も石垣づくり開始です

いよいよ庭づくりに適した季節になりました。
休みがなかなかとれないので、貴重な時間を割いて外構に手を加えます。

2年前からコツコツと石を積んで、だだっ広い庭に石垣や花壇をつくってます。

きっかけは、外構費をプロに見積り依頼した結果、想像以上の金額だったこと…
原価を度外視した見積り額にあんぐりしました(笑)

「これくらいなら自分でもできるはず」

元々工作の部類が好きだったので、ネットや書籍で色々情報を集めて真似事を始めました。
詳細はカテゴリ「庭・DIY」参照で。





…これだけ見てもなんだかサッパリですね(笑)
自分の頭の中には、数年後の庭のイメージ図があるんです。今はまだ形になってませんが、じっくりとゆっくりと、でも着々と作業進んでます。

どうなっていくかは乞うご期待。




至近距離撮影です。
しかし、石積みも慣れたもんです。
目地さえしっかり注意すればそこそこキレイに見えます。


次の休みはGW明け…
なかなか進みません(T . T)


 
 ポチッ


スポンサーサイト
2014/04/23(水) 19:51:57 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:0

木製フェンスの完成とカブトムシ

西側の木製フェンスがずっと未完成のままでした。
扉が自重で斜めに歪んでしまうのと、笠木と取り付けがまだでした。
スカッと晴れた日に、塗装しなおしながら着工です。

斜めの筋交みたいな棒が、今回設置したものです。
あと、上の笠木です。

開閉時に干渉しないように切欠きを入れてます。
適当です

  フェンス 扉

歩道はレンガを敷こうと思って、ためしに数個置いたまま…
さて、これはいつになったら完成するのか。

        ふぇんす 扉2


         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




夕方、薪割りで汗を流していたら、ブ~ンと馬鹿でかい羽音が頭上のすぐ上に飛来しました。

じぇじぇじぇじぇじぇ!!!!!!!

アブか!? 蜂か!?


違いました。
少年のアイドル、人気をクワガタと二分するカブトムシでした


  カブトムシ3

とは言っても、けっこう小ぶり。
立派な角はありますが短い・・
これは自然界で他のやつに負けたな?
と勝手な想像しながら、10分ほど室内で遊びました。

いきなり室内で飛び始めてしまって、奥さんの悲鳴が聞こえました。
虫は虫でも、カブトムシなら大丈夫なんだそうですけど、どうやら飛ぶとなるとちょっと別の話みたいです。

       カブトムシ2

昨年はカブトムシの卵を数個もらって孵化させましたが、残念ながら全部メスでした。
男尊女卑ではありませんが、この手の生き物は断然オスの方が装飾性があって見た目にもカッコいいと思います。
どの生物もオスは色々大変なんです。

       カブトムシ1

ナツは初めて見るその異様な生物に興味を示したのはものの20秒足らず。

喰えぬものに興味なし。



 
  ポチッ
2013/08/09(金) 06:15:59 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:0

西の木製フェンス 2

今日の盛岡市近郊は昨日までとは打って変わって暖かくて18℃
時間があれば、ひたすら庭作りの作業です。
ツナギ服を着ていると、暑さが身にこたえました

   CAEQWWTX.jpg

実にスローペースですが、着々と進行してます。
村道との境を、雑草防止のためコンクリートを流し込みました。
石積み花壇のの固定にもなります。

   CAKWFRKP.jpg

暗渠配水管の上に差し掛かってしまいますが、ここも花壇になる予定です。
多分、おそろしく排水性のいい花壇になることと思われます
しかしこうも晴れると、粘土質の土壌はカチコチになってしまってます…
だからといって雨が降ろうものなら、ぬかるんでしまうのだから困りものです。

-------------------------------------------------------------

午後は、
何度も登場してますが、雫石町にある「松ぼっくり」というジェラート屋に行きました。
想像はしてましたが、ゴールデンウィークということもあってものすごく混んでました。   

   CA2BEL2Q.jpg

食べるのに夢中で肝心のジェラートの写真を撮り忘れました…


 
  ポチッ 2013/04/29(月) 20:05:58 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:4

西の木製フェンス

ゴールデンウィークに入りました。
仕事なので、遠出はできません…

が、庭作りはコツコツと進めてまいります。

数日前に西側の木製フェンスの基礎を作りました。
今回は、いよいよフェンス本体の作成に取りかかりました。

    CA5979Y1.jpg

一応基礎石は水平をとってある(つもり)ので、赤松の柱材をモルタルで固定していきます。
奥の空き地の野芝はまだまだ青には程遠い。
盛岡市内は満開らしいけど、小岩井地方はまだ蕾の状態です。

    CAIYUBB0.jpg

    CA05AU1Q.jpg

水平をとりながら、横板を上から順にビス留めしていきます。
中間にある幅の狭い場所は?
ここは裏の勝手口です。
扉にして、出入りできるようにします。

    CAMKKO3S.jpg


今度は裏側、道路面から。
まだフェンスの横板に色ムラがありますが、徐々に馴染んでいくでしょう。

    CARK391F.jpg

こんな感じで、フェンスが開きます!
写真の右(南側)はフェンスを作りません。
生垣にする予定です。
なので、道路面に出られる場所が必要なわけです。

小さくて分かりづらいかも知れませんが、奥に石垣フェンスがチラ見してます。
四方をフェンスで囲んでしまっては、圧迫感がありますから…。

「周囲の風景に溶け込む庭」を目指します。

フェンスは、あと笠木をつければ完成です。


 
  ポチッ 2013/04/28(日) 21:01:28 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:0

フェンスの基礎作り

自宅の西側の木製フェンスを延長しようと思い、早速基礎作りを開始しました。
何事も基礎は大事です。
フェンスも然り。

CAEENDDK.jpg CA74FO3Z.jpg

砕石をかき集めて敷いたら、タコで転圧します。
このタコ
廃材でこしらえた割りにしっかりしてます。

参考に色んなブログを拝見したところ、どちらさまもタコは手作りでした。
やっぱり、浮かせるところは浮かせないと ですね。
我が家の財務大臣(言い回しが古いか)の監視の目が光ってます。

      CAUIK41G.jpg

今回は、基礎ブロックを3コ設置。
写真では分かりにくいんですけど、奥(北側)に向けて少しだけ道路及び敷地が高くなっています。
なので、手前ほど基礎ブロックの頭が飛び出してしまう印象。

小岩井地方の凍結深度はだいたい40~50cmくらいでしょうか。
とある造園業者がそう言ってました。
冬場にそのくらいの深さまで地面が凍って持ち上がってしまうってことです。

そういうわけで、手前の基礎ブロックほど埋め込みが浅いため、冬場に不安定になりやすい可能性があります。予防策として、けっこう深くまで穴を掘って、分厚く砕石を敷き詰めています。

見えないところにこそ、こだわりを持ってしまう性分


 
  ポチッ 2013/04/23(火) 22:16:39 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:2

西の花壇作成

東の石積み花壇は昨日の記事通り完成しました

今日は、途中だった西の石積み花壇の作成にとりかかりました。
石積みといっても、高さはないので、ある程度の大きさの石をただ並べただけです。
少しだけモルタル固定しています。

        途中

ひたすら土を掘削して土壌改良剤(とはいっても腐葉土とピートモスとクン炭)を漉きこんでいきます。
石とか瓦礫の出てくること…

     
        西の石花壇

昨年作成していた低めの木製フェンスの下です。
このフェンスは写真の通り少し延長する予定です。

        西の石花壇2

まだ仮植えですが、コナラの苗木を設置してみました。
西側には窓があって、室内のそこからの景色は奥にが広がっていて壮観なんですけど、夏場の西日が強い 
なので、木陰で自然の日よけの目的も兼ねてます。
冬は落葉して、日が入ります。
その予定です。
あと、雑木が見える窓って個人的になんだかそそります(笑)

--------------------------------------------------------

        こまめ

なんで今まで活用しなかったんだろう…
スコップでひたすら掘ってました。
我が家には耕運機がありました!
その名も「HONDA こまめ」

多少の瓦礫もなんのその。
パワフルなエンジンでガンガン20~30cmの深さで雑草の根ごと削り掘っていきます

これからの庭作りの心強いパートナーが、実は身近におりました

-------------------------------------------------------

南東の石垣フェンスの花壇に、ついに植栽開始!
とりあえずグランドカバー「クレマチス」です。
一株で50~60cmに広がるそうです。
お試しでとりあえず2株植えてみました。

      クレマチス

あと、大きい石垣花壇についにブナの苗木を植樹しました。
手前のグラス(名前は忘れました…)は1m位になるみたいです。
理想通りの立体的な花壇になればいいなぁと思います。

        ブナ苗木

いよいよ緑がはいると、花壇らしくなってきました。
創作意欲も高まってきます。
まだまだ色々と植え込んでいきます

植えた苗木たちの成長が楽しみです。
数年後には10m級?


 
  ポチッ 2013/04/15(月) 22:10:01 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:2

石垣花壇の完成

やっと花壇作成の全過程が終了しました
予定通りに二段構成になりました。

本当に石積む職人ってすごいなーと思います。
城の城壁作った古の人もスゴイ。

ウチのこんなちっぽけなサイズでさえ、悪戦苦闘したのに…

    CAS0SSWX.jpg

まずは全体像、南方面からの撮影。
ところで、石を積むときのルールってあるみたいです。
石と石の間が十字になってはいけないらしい…
Y字になるのが基本形だそうです。

       isi.jpg
確かにその方が、キレイに見えます。
強度の面でも違うらしいです。

では、ウチの場合は、

         CA5WBHN2.jpg

はい。
極力その方式を守るように努力しました。
怪しい箇所も多々見受けられますが、まずは良しとします。

     CA7IMELX.jpg

玄関から見た構図です。

石と石がしっくりとはまったときは、格別の嬉しさがあります。
そのときはぐらつきも少ないし、まさしくはまったという感じ。

ちょっとでも時間があれば、石を積む作業の毎日。
(または穴を掘る毎日)

手にはマメができてまして、えらく硬くなってきました

少しづつではありますが、コツコツと庭造りは今日も進んでいます。


 
  ポチッ 2013/04/15(月) 02:36:20 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:2

北東側の花壇

薪小屋駐輪所兼物置小屋の脇は、去年芝生をプレテストで敷いてみた場所です。

今回は、その場所をいつものように石積みで花壇にしました。
芝生はいったん剥いで別の場所に仮置きしました。

黙々と作業していたので、ビフォー写真はありません。

     東の花壇1

手前の木製フェンスの下がそうです。
奥に向かって道路は緩い勾配になっています。
一応、車が停めてある駐車場の部分だけが石垣がないようなイメージです。

2年かけて、いったいどのくらいの石を積んだんだろう…

          東の花壇2

さて、何を植栽しようか迷います
なにせ、今まで何も植栽してなかったもので…。



小岩井地方は、晴れが続きそうです。
仕事の合間をみながら、黙々と作業を続けていこうと思います。


 
  ポチッ 2013/04/10(水) 00:58:05 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:0

黒土を投入!

かねてから作成していた石積みの花壇
土がなくては何も植えられません…

昨年、黒土を購入したところで今年も購入。
本当は腐葉土とかで土を作ったりしたいところだけど、元になるものが何もない。
今回は2tトラック2台分を購入しました

   CASEUW75.jpg

これを雪のちらつくなか、ひたすら一輪車で石垣のところへ運搬します
造成されていない凸凹の庭を何往復もしました。


  CA1KGNG2.jpg ⇒ CAXSD3WI.jpg

やっと植栽可能な場所になりました。
黒土
いいですね。

匂いがいいです。
畑と山土のブレンドだそうです。
ミミズとかオケラがちょこちょこ顔をだします
でも、黒土だけだとギュッと固まってしまいま。
これから団粒状の土にすべく、腐葉土など色々漉きこんで、空気をいっぱい含んだ土に加工していきたいと思います。

先日、石垣の花壇を二段構成にしました。
二段目は未完成です。

なぜ二段にしたかというと、だだっ広いので横に視線が行きがち(だと思います)。
平面的よりは少しでも縦に視線が行く立体的な庭にしたかったから。
予定では、色んな高さの木とかを植え込んで、さらに縦にも視線が行くようにしたいところ    
                
    CAMDHJVN.jpg
                             
    CA8NZ576.jpg

もったいない・・

黒土を少しこぼしながら作業。
もちろん回収しました(笑)

ここ数日のカラダを酷使する作業で両腕が筋肉痛です…


 



2013/03/30(土) 16:55:10 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:4

防草シート

家はこじんまりとしたサイズなんですけど、庭は(無駄に)広い我が家
およそ120坪。
住んで丸3年になるのに、外構はほとんど手付かずで夏は雑草が元気に生い茂る庭(の予定地)。
色々と構想はあるんだけど、厄介な粘土質の土壌に悪戦苦闘して進まず・・・

今年はいよいよ腰を入れて、外構工事(DIYで)ガンバロウと思います

家の西側は木製フェンスを再建した場所です。
その足元は夏になると、腰まで伸びる雑草で生い茂ります。
新築時に、業者が砂利を敷いてくれたけど、雨でドロドロになる土壌にズルズル沈み込む
今ならまだ雑草がくすぶってるし、土が軟らかいから作業が容易です。
一度がはると、それはそれは困難になってしまいます。

     CAIIUH82.jpg

   ↑ ここです。

「防草シート」ってどこまで効果があるんでしょう?
とりあえず何もしないよりは!と思い、施行。

     CA43Z1PK.jpg

早速、アメリカンレーキで表面の砂利をかき集めました。
ガガガガって振動が手にダイレクトに響く…
けっこうがいる作業です。

     CAC9QQ6J.jpg

赤土にまみれた砂利だけど、集めてシートの上に被せていく。
おそらく雨が降れば徐々に砂利本来の黒さを取り戻すことでしょう
粒子の細かい赤土でシートが目詰まりして、水の浸透性が損なわれないことを祈るのみ

     CA51I7TD.jpg

家の基礎からシートの幅分だけ敷き詰めました(約1m)。
それ以外は、植栽の予定です
順次、この場所を花壇にするための石積みにも取り掛かります。

木製フェンスの影の傾きで作業時間の進行具合が分かりますね。
他のこともしながら、推定4時間
昨日の暗渠排水作業と続き、カラダが悲鳴をあげそうです・・・



  2013/03/24(日) 21:08:50 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:4

石垣

道路の雪もだいぶ融けました。
立ち入らない庭とかはまだ残っています。

秋までに作成していた石垣は、凍結にも負けずどっしりと構えています。

     CAOLYXL4.jpg

     CAUB659I.jpg

冬の間は庭仕事ができません。
やろうと思えばできるのかも知れないけど、そこまで頑張る気になれず。

作業ができる春が待ち遠しい


2012/12/22(土) 13:48:20 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:0

自作 木製フェンス

今から2年前、だだっ広い庭に木製フェンスを作成しました。
2012年4月の爆弾低気圧で倒壊しましたが…
その時はさすがにショックでした。

その木製フェンスについて、過去のことですがせっかくケータイに写真を残してたので、ブログにも載せたいと思います。

      CAVFPILJ.jpg

基礎はフェンス用のブロックを使用。
材料は基本的に安価な2×4材だけど、柱は程ほどに立派な90mm赤松を使用。
防腐塗装してガッチリ固定しました。
素人は水平を出すのが難しい…
でも一個一個の柱に水平器を当てて何とか見栄え良く。

      CA2Y0BSR.jpg  CA6KT34W.jpg


けっこう満足いく出来に仕上がりました!

その春の暴風で壊れるまで2年間、ずっと庭の西側を飾っていた木製フェンス。
でも、後先考えずに建てたから、道路側から見ると少し圧迫感があったのも確か。
今思うと壊れて良かったかなぁ、と。

結局壊れたのは基礎だけだったから、フェンスの木材は半年を経て再利用することに。

    CARXRHC3.jpg  CAJD847P.jpg

オープン過ぎた家の裏手西側に、今度は柱を低くカット、そして横板の隙間を倍に空けて風対策もバッチリに再建。
規模を小さくした分、横板が大幅に残りました。

その材料をもとに、改めて以前あった場所にも再建。

    CABT8GL2.jpg  CA1ZCQ0P.jpg ←2012年11月現在

しかも今回は土留めの石垣付き。
道路から50cmは高くして再建してあります。
少し道路からセットバックして、圧迫感も解消

フェンスの規模はかなり縮小したけど、それなりにいい仕上がりになりました。
でもまだ、未完成です。
笠木がついていない

まもなく小岩井は雪が降ります。
その前に、最低限、笠木は必要だな、うん。

                             続く

2012/11/15(木) 02:30:50 石垣とフェンス トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。