小岩井のんびり生活

小岩井農場の傍でDIYや庭作り、その他の日常生活を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

背丈以上に成長した木たち。



家屋の西側に植えたクヌギとコナラ。

西日を遮る目的で植えて3年目になりましたが、1mにも満たなかった苗木が2.5mくらいまで成長しました。

多少はうっそうとした雰囲気に近づいたかなと思います。





山取りのミズナラもグングン伸びてます
だいぶ剪定してスッキリしましたが、その成長速度には驚かされます
さすがは山の木です。

もう一本、成長が著しい木があります。




庭木には適さないとされるケヤキです。

あまりの大きさに必ず必ず持て余す日が来るのだとか…
街路樹のケヤキを見てると、分かる気がします( ;´Д`)
秋には尋常ではない量の葉を落とす落葉広葉樹。ケヤキはその代表格です。


順調に枯葉掃除に追われるであろう近未来を覚悟しての植樹。
でも同時にコンポストの中に投入して、腐葉土の原料になることを願います。




 
 
スポンサーサイト
2015/07/01(水) 16:06:51 植栽 トラックバック:0 コメント:0

未来の雑木たち

いつかは庭を雑木林みたいに青々と繁らせたい!
という想いで早5年…

なかなか庭作業の時間もとれず、進捗状況は極めてスローペースでした。

しかし今年は例年にないくらいの勢いで色々手を加えています


だいたい整地は済んできたので、いよいよ雑木林となるべく主役の樹木たちを庭にお招きしました。




いいな…と思う木はなかなか近隣では見かけません
時々お世話になっている熊本の某グリーンセンターから、お取り寄せしました。
2年ほど前にも0.8m程のコナラやクヌギを購入しましたが、今では背丈以上もある木に成長しています。
非常に程度が良い木だったので今回もお願いしました。





こんな感じで届きます。

…12本の割りにコンパクト。
大きくても1.0mだからこんなもんでしょう。

今は小さくてもゆくゆくは10m級になるであろう苗木たちです。時間をかけて成長を見守りたいと思います。

樹種は、

クヌギ
コナラ
アラカシ
シラカシ
イヌシデ
ソヨゴ
ナツハゼ
ニセアカシア
ウツギ

その他諸々で計12株。







さすがにこれだけあれば、雑木林も夢じゃないかなと思います。

南面に何もない我が家の庭ですが、早く木陰が欲しいところです。


次の休みまでは、仮植え先で控えててもらいます。





 
 
2015/06/07(日) 09:57:57 植栽 トラックバック:0 コメント:0

モミジを植樹

新築して、まさにこれから外構工事に入る知人の庭に不要になる庭木があるとのこと。
処分するにも費用がかかります…
であれば、それ、頂いちゃってもいいですか?
いいですよ!

ってノリで、高さ4~5mはあろうかというモミジ を我が家の庭に移植することになりました。




建て替え前に植えていたモミジだそうです。
樹齢はどのくらいでしょうか。
幹の最大直径25cmはありそうな、立派なモミジです。



重機が入っていたので、引っこ抜いてレンタルしたトラックに載せてもらいました。




でもこのまま走ったら間違いなく違反です…
後ろに出まくりです。

なので、勿体ないなあと思いながらバツバツと剪定してなんとかスッキリまとめました。
それでも行き交う車の人々の視線をヒシヒシと感じながら運転。







途中経過の写真などなく、いきなり移植後の写真ですが比較的庭の中央にドーンと据えました。

字面にすると呆気ないですが、トラックから降ろしてこの場所まで移動させるのに、えらい苦労しました


テコでも動かないとは、正にこのこと。
生木はとにかく重いです。
トラックに載せたのは重機。
そこから先は、自分たち(職場の同僚と2人)の人力のみ…
この時、真剣に後悔しました。
安易に木をもらってしまったことを…

でも流石にその辺に台風の傷跡みたいに大きい木をゴロンと転がしておくわけにもいかず



そこで、小学校の頃の理科を思い出しながらテコの原理をフル活用しました。

『力点・支点・作用点』

根元が重心のようです、生木は。
聞こえてくる腰の悲鳴を聞かないようにパワージムに励むこと約一時間。

重心が低いせいか、植えたあとはグラつきもなくドッシリとした安定感です。
でも一応、後日支木は入れようと思います。




先日作ったベンチの奥にドッシリ構えるモミジ。
木陰をいつか提供してくれそうです。



反対側から見るとこんな感じです。
まるで秋。


木、一本。
されど、木、一本です。
雰囲気がいきなり変わりました。

雑木エリアにする予定の場所ですが、これからモミジの周りには緑の木をひたすら植え込んで行く予定です。
アクセントの紅い葉っぱのモミジ。

緑の庭にしたいのに、今のところ紅く一番目立っております。






ついでではありますが、こちらも不要になったアジサイを頂いてきて植え込みました。

『和』ベースの我が家の庭にぴったりな植樹でした。



 
 
2015/05/21(木) 21:29:24 植栽 トラックバック:0 コメント:0

記念樹はエゴノキ

一般的に『シンボルツリー』といわれる象徴的な樹木を庭に植える方が多いようです。我が家では昨年植え付けた「アオダモ」が今のところシンボルツリーにあたります。




シンボルツリーは樹形や樹高、葉の形、実がなるならない、または花言葉で選ぶとか色々選択肢があります

我が家では何の木がいいんだろう…と思いながらも、紆余曲折を経て3年後にアオダモに落ちつきました(笑)



シンボルツリーとは意味合いが少し違う『記念樹』について。

雪乃の誕生記念に何か木を植えようという話になっていました。何の木がいいかな…と考えていました。
女の子らしく桜?
梅?

雑木風の庭にしたい構想もあったので、山に生えるような雑木はどうだろう。
でも、あんまりいかつい樹木はちょっと…
カツラとかコナラ、クヌギ、ミズナラ、アオダモ、山吹、タラの木などは既に植えてありますが、記念樹としてはいかがなものかな…とか色々考えまして。



悩んだ末に選んだ記念樹は、これです。



キヌサヤです。





もちろんウソです。



春先に、近くの樹木センターでとある苗木を購入していました。
名前は「エゴノキ」。
名前の由来は実がサポニンという毒素を含み食べるとエグい味だから。

そういった理由から記念樹には何だか相応しくないだろうと、圏外でした。



ところがです。

日本原産のこのエゴノキ。
欧米には元々ない樹種なので、英名では「ジャパニーズ・スノー・ベル」

日本の、雪の鈴



…雪乃と名前が近い感じがしたし、花言葉の意味も『壮大』だし、言うことなし。

結局、エゴノキの苗木は雑木の一種ではありますがそのまま記念樹として不動の地位を築きました。


イメージ写真です。


とは言っても、まだ背丈が70cmの小さい苗木です。
今現在ちょうど雪乃と同じ背丈くらい。



手前のピンボケのヒョロヒョロした木が記念樹のエゴノキです。

庭植えだとせいぜい樹高は5~8mくらいのようです。
どっちが先に大きくなるか(結果は分かりきってますが)、競争です。


 
 ポチッ 2014/07/11(金) 15:47:01 植栽 トラックバック:0 コメント:2

撫子

撫子(なでしこ)は一年草と宿根草と種類があるんだそうです。
うちのは一年草です。
種がこぼれれば、来年以降もその場所に咲き続けるんだと思います。



家の西側の花壇に植えた、ナナカマドとクヌギとコナラと雪柳の根元に咲き乱れてます。
昨年、奥さんが撫子の種から大事に育てあげた撫子らしいです。
春先からぐんぐん成長して、今では雑草が生える隙がないくらい繁ってます。




でも、一年草。

来年からも綺麗に咲いて欲しいなあと思います。


「撫子JAPAN」の撫子。
この花だとは今まで知りませんでした(笑)


 
 ポチッ 2014/06/11(水) 19:32:02 植栽 トラックバック:0 コメント:0

今年は早くも入梅しました。
畑にとって恵みの雨
雑草たちにとっても恵みの雨です。
わんさか伸びてます…


少し前に、喰えぬ花に興味なしみたいな心ないことを書いた記憶があります

しかしながら、花を見て「キレイだな」と感じる心は持ち合わせています(笑)
花より葉っぱが好きなだけなんですね。
決して嫌いなわけではないんです。



フェンスに絡んだクレマチス。
大輪の花がキレイですね。

ホームセンターでは、色んな種類のクレマチスが売られていました。人気があるようです。



菖蒲の花。
奥は何でしょう?
キレイですね。



石垣の花壇も、奥さんプロデュースでいくらか彩りを増してきました。



こぼれ種でいつの間にか増えた花。
あと、リシマキアも黄色い花がチラチラ咲いています。



キウイの花が咲くのはいつのことでしょう。花もさておき実がなるのが楽しみです。




でも、やっぱり花より葉っぱ

ミズナラの青々としたモサモサ感、たまりません(笑)
こうして少しずつ、雑木のエリアが拡大していくのでした。



 
 ポチッ 2014/06/08(日) 06:05:51 植栽 トラックバック:0 コメント:2

キウイの棚 2

休日は雨
仕事に入ると晴れ

本来、かなりの晴れ男だと自負してましたが最近は天気の機嫌に振り回されてます…


そんな中、小雨の合間をぬいながら、途中で作業が中断してしまっていたキウイ棚作成の続きに取りかかりました。



パーゴラを分解した木材を以前知人からいただいていました。
最初は白く塗装してありましたが、今回は全体の雰囲気に合わせてチョコレート色に重ね塗りしました。



それを専用の金具で均等に並べて固定しました。
まだ光る金属部分がチラチラ見えてますが、いずれ塗るつもりです。
あと、筋交いもまだいれてないから、強度は問題ありです。



今まで知りませんでした。
こういう短管用のパーツがあることを…
非常に便利ですね。
短管のDIYの幅が広がりそうです。

薪棚にも応用できそうな気がします。




だだっ広いだけの草ボーボーの平たくてのぺっとした庭に、忽然と姿をあらわした立体的なキウイの棚。
雄と雌を対角線上に配置しました。
あとは、ツルが絡みついて、いつか沢山の実がなることをのんびり待つとします



 
 ポチッ 2014/05/23(金) 21:47:13 植栽 トラックバック:0 コメント:2

花壇

一気に気温が上がりました。
盛岡でさえ27℃まで上昇…

でも年間天気予報では、今年はエルニーニョ現象による冷夏だろうと言われています。
どうした地球


ポカポカ陽気の休日、奥さんが手入れした花壇に植えた花たち。



至って普通の花々です。
…と言ったら怒られそうですが、あまり花に興味がなく関心希薄なワタシです。


前にも書き込んだことがあった気がしますが、自分は花より葉っぱが好きなんですね

でも進化の過程で、葉が花に派生したと思えば同じようなものだと…思います。




キウイの棚作成はまだ途中のままです。
ちょっと休みがあれば色々所用ができたりで、なかなか進みません (^_^;)

水平だして固定すればOKです。
ある程度のものができたら今回はそれで良しです。



こちらは約1年間、一切何も植えられていなかった薪小屋のとなりのスペース。
今年ついにドウダンツツジが加わりました。

可愛らしい小さな白い花が咲いています。
早くこんもりとボリュームが出てくれればいいなと思います。



家の裏のアジサイ。
つい最近移植したばかりですが、たくましく新芽が増えています。
日本の土壌は酸性のことが多いと聞いたことがあります。
我が家の土壌は赤土の粘土質です。
間違いなく酸性に近い土壌だと思います。
ということは、アジサイの花は青になるんでしょうか。




ここは裏手の西側。
山菜のしどけがいつの間にか今年も成長しています。もっと増えたら食卓に上がるはず …





芝生に散水して、今日の庭で過ごす時間は終わりです。



 
 ポチッ 2014/05/14(水) 20:55:55 植栽 トラックバック:0 コメント:0

キウイの棚 1

昨年、キウイの雄株と雌株を仮植えしておきました。
キウイといえば、棚を要するくらい暴れて成長する木です。

冬が来る前に簡易的な支え棒で倒れないようにだけしていましたが、葉が大きくなるにつれ「このままではいかん」と。



考えとしては、木でやぐらを組んで…とか構想はありました。
その場合、より耐久性が必要となります。
キウイが絡んだあとだと、建て替えが非常に難しくなるのかなとか。かなり絡むみたいですからね。


そこで今回は、短管を使用して棚を作ることにしました。



メタルな雰囲気が強い短管を使用するのは少し抵抗感があります…

基礎は半ブロックを使用して、モルタルを穴に流し込んで固定をはかりました。




組み立てる際中、あまりにもアンバランスで何度も崩れては起こし…を繰り返しました(笑)

一度、気を失いそうになるくらい短管が頭頂部を直撃しました。
かなり大きいコブが完成しました。
0.5cmは身長が伸びたと思います。
奥さんは人ごとのように、コブに触れて楽しんでいます。平和です。




またまた途中経過の写真はありませんが、なんとか立ち上がりました。まだ水平は出してません。これから少しずつ微調整しようかなと考えています。

今の段階で70%完成です。

筋交いとか、もっと手を加える必要があります。
気が流行って縦の短管にブラウンの塗装をしてみたところ、ナチュラル感UP。

次の休日で、目標90%完成。
たわわにキウイが実る日を夢見ながら、コブが引くのを待ちます。



 
 ポチッ 2014/05/09(金) 22:00:05 植栽 トラックバック:0 コメント:4

芽吹き

雲ひとつない晴天でした。
先週まで薪ストーブの恩恵にあずかってたのがウソのようです。

まだまだ荒地の我が家の庭。

ポツンポツンと植えてある植樹の芽もいよいよ膨らんできました。



見にくいですが、タラの木の芽です。
少しグロテスクなことに、アリがたかってます…✨
何か甘いものでもでてるんでしょうか⁉︎

生き残った一本なので、山菜の王様と称される春の美味「タラの芽」は勿体無いから収穫しません(笑)



新築時に、どこかに植えたいと買っていた桂。
花言葉がまたいいんです。

「不変」

いつまでも変わらないことの良さを感じさせます。変わることも大事ですけどね。



ピンボケです(笑)
これは山吹。
和のテイストたっぷりな一本です。
繊細な葉をつけます。



ピンボケその2。
完全に外壁にピントが合ってしまってますが…アオダモです。
洋にも和にもいけます。


こうして、少しずつ春が小岩井にやってきてます。


 
 ポチッ 2014/04/24(木) 09:07:17 植栽 トラックバック:0 コメント:0

庭木の微成長

北東北はぐずついた天候が続いています

おかげで日課の散水は事足りていますが…
そんな中、庭に植えた木々たちは恵みの雨のなか些細ながらも成長を続けています。

   コナラ7月

コナラの苗木1.5mです。最近やっと葉が勢いよく萌芽しだしました。
成長が早いとのことなので、早く木陰を作ってくれることを期待します。


   クヌギ株立ち?
 
     ↑ 先月、ミズナラの根元に小さな芽が萌出したんですが、
     ↓ 今では日々グングン伸びて、早くも株立ちの様相を呈し始めています。

   ミズナラの根元

新芽って少し赤みがかった色をしてるんですね。
知りませんでした。
ミズナラは樹高35mくらいになる(はずの)雑木です。
でも庭植えだとそこまでは大きくならないと聞きました。
別になってもらって構わないんですけどね。

このまま放任して見守りたいと思います。


クヌギ苗 クヌギ新芽2

クヌギの苗木もいつの間にか葉をたくさんつけてます。
根付いた証拠でしょうか。

     クヌギ7月

別のクヌギもグングン伸びてます。

このまま成長してくれたら、近いうちに庭の西側だけですが雑木林になりそうです
ドングリをたくさんつけて欲しいなぁと思います



 
  ポチッ
2013/07/25(木) 02:20:28 植栽 トラックバック:0 コメント:6

ビオラ

女性ってが好きなんだなぁと、つくづく思います。
ウチの奥さんもそうです。

石垣の花壇も奥さんのリクエストで造りました。
木製フェンスの下の花壇にも、ちまちまと植栽が増えてます。

       パンジー

なんでしょうか?
この小さな花は…

直径1.5cmにも満たない小さなビオラです。
ポットで種から育てたビオラのようです。

 注:とあるコメントを頂きまして、パンジーと思っていたこの花は実はビオラのようでした。
   ここに訂正させていただきます。
   

   パンジーポット

いったい何個あるんでしょう…
まだ肌寒い季節に種を蒔いてました。
「発芽した!」
「大きくなった!」と奥さん。

これらはもう少し大きくなったら、花壇に地植えするんだそうです。

今日この頃は暑い日が続いてますが、今年の春はいつになく寒い日が続きました。
だからこんなに小さいなんでしょうか?



女性ってが好きなんだなぁと、つくづく思います。

自分はというと、

葉物が好きです
あまり花に対する関心が薄いんです。
桜は好きです。
ジャガイモとか稲の花も好きです。

なんとも華がない夫ですみません。




 
  ポチッ
2013/06/25(火) 21:28:29 植栽 トラックバック:0 コメント:0

この木は?

この木、何の木?

     クヌギ?

おそらくクヌギか?

庭の意図せぬ場所でひっそりと成長していたこの木。
現在の背丈は約1m弱。
葉の形状を見るかぎり、ギザギザしていてナラの一種だと思われます。
だとしたら大きくなる落葉広葉樹ですね。

はい。
君、採用です



     2013年7月5日 追記
      樹木図鑑で調べた結果、ミズナラであることが判明しました。





南向きの庭の西側に移植しました。
よく見ると、根元から小さく萌芽してます。
これは株立ちに成長するであろう兆し…

まさしくお金のかからない木です。
多分こんな木だって買えばそこそこするんだと思います。


     クヌギ苗

これは、ちいさなポットで栽培していたクヌギの苗木です。
小さなポットの中で、根がところ狭しとトグロを巻いてました
根崩ししてから、これもさっきの木の近くに移植。

いったん根付けばグングン成長してくれるはずです。
庭にカブトムシがやってくる日も近い

いま、雑木の庭になる手伝いをしてます。
いつの日か、自然の力で勝手に雑木林になってくれないかな・・・・・
と安易に楽したい気持ちでいっぱいです。




 
  ポチッ 2013/06/21(金) 22:00:41 植栽 トラックバック:0 コメント:0

アオダモ植樹

ウチのシンボルツリーはまだ決まってません
まだ植えられる状況じゃないし…

でも、先日ある植木市でいいのを見つけました。

アオダモの株立ち(約2.5m)です。

 アオダモ1

色々ネットで同じようなやつを探してみたけど、¥15000~25000くらいが相場でした。
今回はそれが¥8500で売られてました
買いです

でも、植えつける予定の場所が案の定水はけが悪い…
それでも、深く掘って耕して高く土を盛ればいいや。と思って掘っていると…
外の水場の配水管に辿り着きました。

   アオダモ下地2

これを利用しない手はありません
そうです。
得意になった「暗渠排水工事」の応用編です。

アオダモ下地3 アオダモ下地

開けた穴にL字の塩ビ管を差し込んで、おなじみのコルゲート管を配します。
当然ながら、おそろしく排水性が向上しました。

その上に、配合した肥沃な土を盛り、アオダモを植えました。
水ぎめという方法で、多量の水で根のまわりに土を届けます。

   アオダモ2

たった一本の木で、殺風景だった庭の一角が、一気に彩られた感じです。
アオダモは山の木なので、雑木風にはぴったりです。

  アオダモ3
 
大きくなれば、いい木陰を提供してくれるはず…

   アオダモ4


日中は暑くて暑くて外では何の作業もしたくありません
寒さには強いけど暑さには弱いのです。

この日も、夕方から日没までの作業でした



 
  ポチッ
2013/06/10(月) 21:10:17 植栽 トラックバック:0 コメント:6

クヌギ

庭はいつか、林のようにしたいと考えています。
夏は落葉樹の生い茂ったうっそうとしたイメージ。

2年程前に、山に立ち入っては、(本当はダメなんでしょうけど)ナラ科ブナ科の苗木っぽいのを数本いただいてきました。
いつか植栽するために・・と思い、まだ鉢でところ狭しと越冬中です。

実は、昨年の猛暑で一気に葉が焼け落ち、「もう枯れてしまった…と、諦めていたところ、なんと昨日見たら、蕾がふくらんでいるではありませんか!!

今年はいよいよ植栽のチャンスです。


カブトムシとかが寄ってくる「クヌギ」という木も、是非庭に数本欲しいと思っていました。
実際に山で小さい苗木を見ても、あまりよく区別がつきにくいのが本当のところ。
葉とかが個性的だったりすると、一目で分かるんですけど…
あと、すぐ近くに親木があれば、分かりやすいです。

「クヌギ」の苗木がもし入手できればそれはそれでいいんですが、今回は種を入手しました。

   クヌギ

ドングリの一種ですね。
ずんぐりむっくりしてて、笠が野生的かつ個性的。
これは普通のドングリと違ってあまり落ちていないんです。

これを、発芽させて、数年後には立派な木に生長させたいと思います。



 
    ↑ 一押しお願いいたします。 2013/04/09(火) 00:05:36 植栽 トラックバック:0 コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。