小岩井のんびり生活

小岩井農場の傍でDIYや庭作り、その他の日常生活を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

駐車場兼アプローチ作成 1

夏至に向けて、ずいぶんと日が長くなりました。
ここぞとばかりにちょっとした空き時間をみつけては、スコップ片手に汗を流しています。


砂利を3立米ほど購入しました。
トラックで運び入れてもらったんですが、砂利ほどホームセンターで買うのが勿体無い代物はないですね…

だいたい20kgの一袋で298円(近くのホームセンターだと)します。
仮に1立米が1000kgだとすると、3立米で3000kg超。
もしホームセンターで袋買いしたとすると150袋、しめて44700円以上。
今回はその1/10の値段でした。

【結論】
建材は業者から直接購入が一番です。





既にスコップで方々に分散させた砂利ですが、今回の計画だと3立米じゃ足りず、もう3立米くらい追加で必要そうです。

掘り下げた臨時の駐車場兼アプローチに厚く10~15cmほど敷きました。写真にはありませんが、例の如く『暗渠管』をしこんであります。
それでも、粘土質の地盤なのでいつかは100%土に沈んでいくことでしょう。そして雑草が生い茂る…

この先どうするかはもう決めていますが、続きはまたいつか。





この砂利を下地とするアプローチは、変形しながら庭をグルっと回ってコンポスト経由で奥に鎮座するピザ窯の位置までのびる計画です。



やっと通路ができる(できそう…)。

人類史においても『道』は非常に重要でした。
シルクロードのように、道があるからその先に人や物資が流れる。そうして文明は栄えてきました。


我が家の庭にも、やっとシルクロードができます。

一輪車の行き来もラクになりますね。
コンポストにもラクにアクセスできますね。

良いことづくめです。




続く

 
 
スポンサーサイト
2015/05/23(土) 23:17:06 アプローチ トラックバック:0 コメント:0

庭の近況

そば畑から

いつの間にか成長した蕎麦の畑から我が家をのぞいてみる。
背丈は既に1.5mくらい。
わんさか白い花が咲いています。

でも、この蕎麦の花たちから、いったいどのくらいの蕎麦のが生るんでしょう?
生ってみないと見当がつきません…

一方、雨天であまり立ち入らなかった普通の畑はというと、
トウモロコシ が荒らされていました

食害

おそらく犯人はタヌキと思われます

近辺にはいろんな野生動物が出没しますが、たぶんクマ ではないでしょう。
食い荒らし方からみて、まさか人間でもないと思います。

直接確かめたわけではないですけど、たまに道路を横切るタヌキを何度か目撃してるので、可能性は極めてクロに近いと言えます。

仕方ありません。



そろそろ梅雨明けしそうな北東北。
ブルーシートを被せておいた薪を割っていこうと思います。

なき」」」」」」」」」」」:

今年は薪棚がいっぱいになりそうです。
そして、多分入りきらない感じです

何とかして乾かす工夫が急務です。

薪

数少ない休日はひたすら斧を振り下ろすことになりそうです。


6月に完成したアプローチは、連日の雨のおかげかイキイキしてます。
けっこうまめに刈ってます。
一度根付くと成長が早いこと早いこと。

石垣アプローチ7月

高麗芝ケンタッキーブルーグラスという種類の西洋芝を混合しています。
だからか少し色ムラがあるようなないような…



梅雨明けしたら、やることだらけです



 
  ポチッ
2013/08/02(金) 23:57:04 アプローチ トラックバック:0 コメント:0

アプローチの完成

ついに芝を敷き終えました

全部で4束使いました。
山砂は土嚢袋で7袋必要としました。

   アプ

反対側から。   

   アプ芝

まだちょっと地肌が見える箇所がありますが、おいおいゆっくりと手を加えていくつもりです。
限られた時間のなかで、急ピッチで着工しました。
少しでも早く芝の上を歩きたかったので


思えば昨年の秋も終わる頃、花壇&アプローチに着手

   花壇工事中 ← 2013年11月

     apu mae
        昨年は石垣花壇の作成はここで終了しました。
        たいそうぬかるみの激しい地面でした。

   暗渠工事中
     そして今年の春に暗渠管を埋めました。
     このひと手間が、後々に及ぼす効果が大きいと思われます。


そして今回の枕木と芝を敷くに至ったわけです。
いやぁ~、自己完結型の自己満足日誌です。

次は「たたき」付近の芝敷きにとりかかりたいところです。



 
  ポチッ
2013/06/05(水) 20:54:42 アプローチ トラックバック:0 コメント:2

アプローチに芝

なんとかアプローチ枕木を置く作業が終わりました。
今度は、枕木の間にいよいよを敷く作業です。

選択した芝は「高麗芝」
一般的にもホームセンターでよく店頭に並ぶ種類です。

本当は野芝という選択をしたかったんですけど、高麗芝より少しだけ値段が高い…
チリも積もれば、と考えて結局高麗芝にしました。

   アプ (一束分の高麗芝)

   アプローチに芝
                                (もう一束分追加)

先日、一束分だけ敷いてみてました。
今回はもう一束分の追加です。

盛岡市近郊の某芝専門店で、地面から剥ぎたてホヤホヤの芝です。
ホームセンターでカラカラになって売られている芝とは大違いです。

すぐにでも根が伸びていきそうな気配さえ感じられます。


今回アプローチを作成するにあたって、あらかじめ地中に暗渠管排水を施しました。
ただでさえ両サイドの石花壇から染み出た水が溜まりやすい構造です。
適当に水勾配をつけたうえに、暗渠排水。
さらには芝の下地は山砂です。

たっぷりと散水しても溜まることなく、どんどん染み込んでいきます。
芝は排水性がいいほうがよく育つと聞いていたので、一安心です。


ひとつ問題は、まだ芝刈り機がないこと。
もう一つ問題は「際」がありすぎて、芝刈りがしにくいこと。

でもまあ嬉しい問題です。
また解決すべきことが増えたので



 
  ポチッ
2013/06/04(火) 15:25:28 アプローチ トラックバック:0 コメント:5

アプローチに枕木追加

前回は、とりあえず枕木を2本だけ仮置きしてみました。
今日は、朝早くから追加購入した枕木を本置きしました。

   アプ5

写真はまだ置いただけの状態です。
土を削って高さを揃えながら設置していきました。

     アプ

いつものことですが、夢中で作業してたので途中経過の写真を撮るのを忘れました

少しだけ山砂を入れて、高麗芝を敷いてみました。
我慢できませんでした…

本当は一気に施行したかったんですけど、どんな感じになるかと気持ちが逸ってしまいました。
枕木石垣と。
なんとも合性抜群です。

   CAMDHJVN.jpg

                  ビフォーアフター

   アプ4

通りかかった犬を散歩している人たちが「こうなる予定だったんですね」と。
しばらくの間、通れないアプローチでしたからそう思っててもムリはないです…
最初は石垣の花壇も「池を作ってるんですか?」と聞かれてましたし(笑)

完成は近い



 
  ポチッ
2013/06/01(土) 21:26:05 アプローチ トラックバック:0 コメント:4

アプローチに枕木

まだ途中段階で終わっている「アプローチ」
暗渠排水を施したのは4月のことです。
功を奏して、いかなる雨も溜まることなく排水はバッチリです

  CAMDHJVN.jpg ← 4月初旬

あれからもう2ヶ月が経とうとしているのに、未だに完成しないアプローチ。
理由のひとつに、必要な枕木がまだ入手できていないことがあります。

枕木ってけっこう高いんですよね…
近くのホームセンターでもなかなかイメージに近い枕木が置かれていないし。
ネットでも色々探してみると、確かに安くていいのはたくさんあるけど、搬送費が高くつく
安い枕木でも結局搬送費込みで値段が跳ね上がってしまいます…

ところが、盛岡市近郊にいい店舗がありました。
専門店。
車で流してて偶然発見した穴場です。

そこで、店長と色々話して「芝生を敷くということ」について学ばせていただきました。
枕木の販売もしてました。
風合いのある枕木はたいてい中古です。
廃線になった鉄道や敷き換えで出た枕木を売ってることが多いとのこと。

輸入物として多くはオーストラリアからレッドガムという木材の枕木が流通しているようです。

さて、そこの芝専門店では輸入物のレッドガムの枕木も扱ってますが、主に旧国鉄が使用していたの枕木がほとんどでした。
発ガン性物質である防腐剤のクレオソートは使用していません。
そのかわりコールタールが染み込んでいます。
昔の木の電柱みたいな感じです。

希望のサイズでカットしてもらって、とりあえず2本だけ購入して設置してみました。
長さ80cm*幅23cm*高さ14cm×2本です。

  makuragi.jpg

いわゆるB級品ですが、風合いは最高です
残り9~10本必要な計算です。


ちなみに、枕木は、天然物ゆえ必ずといっていいほど朽ち果てます。
虫の温床にもなります
それが覚悟できていないと、手を出せませんね…

近頃ではコンクリート枕木という本物そっくりなものがでてきています。
朽ち果てて虫が発生するのが嫌な人はそれもひとつの選択肢なのかも知れません。

それでもウチは普通の枕木を選択するのでした。
風合いは本物にかないませんから。



 
  ポチッ
2013/05/30(木) 21:45:58 アプローチ トラックバック:1 コメント:0

暗渠排水 その2

ウチの庭は、粘土質でおそろしく排水が悪いことは前にも述べたとおり。
石積み花壇のアプローチに、暗渠排水工事を施したのは成功でした。
先日の激しい雨でも水が全く溜まらない!

でも、その他の場所はやっぱりひどいものです。
水溜りがたくさんできあがってました。
時間をかけて干上がる天然のビオトープといった感じ…

このままでは、を植えてもすぐに根腐されしてしまうことは明らかです。

なので、畑の付近にまた暗渠排水を施すことにしました。

  CAXJD7M1.jpg

一番厄介なのは、ススキの根です。
去年まで、まともに庭の造成をしていなかったら、蔓延ってます…
掘るとススキの根がビッシリ…

  CACYEJU1.jpg

暗渠排水用の4mのコルゲート管の長さに穴を掘る。
いつものことですが、瓦礫や石がゴロゴロしてます。
絡むようにススキの根も。

      CA3RTL1Q.jpg

側溝にタガネハンマーで穴を開ける作業が本当にしんどいし、握力がなくなる始末。
おそらくこのままでは握力60kgはいきそうな感じです
やっとの思いで穴が開いたところで、コルゲート管の端が入る管をモルタルで固定します。

と、
…そこまでやったら、雨が降ってきました。
なので、今回の作業はここでお終い。

道のりは長いぞ。

目標
  ① 5月中に芝の植え付け。
  ② ウッドデッキ前の舗装(デザイン・材料は検討中)
  ③ 花壇アプローチの完成



 
  ポチッ 2013/04/22(月) 20:08:30 アプローチ トラックバック:0 コメント:0

暗渠排水工事

実に久しぶりに、「外構」のカテゴリー更新です。
ずっと取りかかりたかったけど、雪融けを待ってました。

   暗渠排水工事 ← 昨年の秋

庭の一角に花壇土留めの間に、玄関までのびるアプローチの作成に取りかかったのは秋のことでした。
幅は約1mくらいの曲がりくねった細道。
でもここの土は恐ろしく粘土質瓦礫が埋まっていて、そのうえ排水が悪い。
悪すぎる…


排水を良くするための方法はいくつかあるようです。
色々調べました。
土壌改良、勾配排水、暗渠排水、などなど。

うちの場合、部分的に土壌改良したところでサイドを道路に囲まれた形状のため、水は逃げ場をなくして結局溜まる一方。
グチャグチャになるのは目にみえています。実際そうでした。
勾配つけても、多分同じだと思います。

なので、コルゲート管という専用の管を地面に埋め込む「暗渠排水」を選択しました。
近くのコ○リで4m約¥1000。

雪融けで水分の多い軟らかい土のうちに掘削作業開始です。

     CAXB9PZE.jpg

スコップが石に当たるたび、手がビリビリしながらの地道な作業。
あとでを植え込む予定のため完成時の高さに注意しながら掘る、掘る、掘る…

奥に見える「穴」は暗渠管(コルゲート管)を側溝に流すための穴です。

    CAXX5G0O.jpg

バカでかい音を響かせながら、タガネハンマーで、これまた地道に穴を開けました。
犬の散歩してる人が不思議そうに見ていきます

   CA2I6FKR.jpg

暗渠管を側溝にモルタルで固定したら、こんな感じで暗渠管を入れて ↑

       CAH501Z6.jpg

砂利で囲います。↑

   CAYF2Q6X.jpg

これで、アプローチの下地が80%完成です。

あとは、砂利が目詰まりしないように浸透性のいいシート(雑草予防シートみたいなやつ)をかぶせて、土を入れて枕木をテンポよく並べたら、一通り完成のつもりです。

やっと今年から雨の後のぬかるんだ土に悩まされずに済むかも…
 

続きは後日行ないます!


 ←ねぎらいのクリックお願いします
  2013/03/23(土) 14:26:26 アプローチ トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。